真面目に恋をしたいと思いながらも、うっかり悪い男に惹かれてしまい、セフレのような状態になってしまった経験はありませんか?

惚れた弱みの場合、きっぱりと自分の意見が言えないことも多いですよね。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、彼女持ちの男性がセフレ女性に送る“ゲスLINE”をご紹介します。

 

■「いま暇?いまから会えない?」

「たとえば彼にLINEを返したとして、ふた言目には“いまから会えない?”なんですよ。こっちの都合を無視するどころか、“LINEを返しているんだから会う時間あるでしょ?”とバカにした雰囲気が、毎回イラっとさせられました。」(28歳/女性/サービス)

男性からすると、セフレは“都合のいい存在”として見られることが多いものです。「エッチができればいい」という関係なので、相手のことを心配したり、気遣ったりという優しさはない男性がほとんどでしょう。そのため、深夜に呼び出しの誘いも遠慮なくできてしまうのだと思います。

ましてや相手が彼女持ちの男性ともなれば、彼女に内緒で会うことになるでしょうから、余計に自分の都合で誘いたいと思うのかも。

そうした人に惚れこんだところで、彼女に昇格できる可能性は低いでしょう。できたとしても、またセフレをつくったり、浮気されたりと幸せになれるかどうかは疑問です。早めに関係を断ち切ったほうがいいかもしれませんね。

 

■「したいエッチの話」で盛り上がる

「もっぱらLINEのやりとりはエッチなことで、私もそれを楽しんでいたのも悪いんですが。“○○ちゃんの裸が見たい”とか、“○○ちゃんに生でしたい”とか。こっちの体のことを考えずに、一方的に自分のしたいことだけをグイグイ言って来られたときは、さすがにウンザリしました。」(28歳/女性/販売)

セフレ間のLINEのやりとりは、もっぱら“エッチな話題”が多くなるよう。やはり、「エッチができればそれでいい」という割り切った関係なので、LINEのやりとりも“性欲ありき”の内容になるのかもしれません。

これが彼女持ちの男性の場合、彼女とはできないプレイをしたいと、積極的に言い寄ってきそう。当たり前ですが、自分の欲だけでするエッチは、性欲が満たされるだけで、心までは満たされませんよね。いくら惚れこんだ相手だとしても、本当に彼とするエッチが幸せなのかをよく考えたいものです。

 

■セフレ相手に「彼女自慢」

「基本的にバカにするようなLINEが多いと思う。“仕事は相変わらず?”“まだ髪の毛、○○にしているの?”とか。さらに、彼女自慢をされた挙げ句には、もうこっちの立場がない感じ。さすがに彼とのLINEは打ち切りました。」(29歳/女性/IT)

そもそも彼女がいながら、セフレと関係を持つというのも“ゲスの極み”ですよね。彼女がそれを認めているならまだしも、隠れてこそこそしている男性には、あれこれ言われたくないものです。そうした男性と一緒にいては、ますます自分の魅力が下がる一方のような気がします。自分の魅力を高めるためにも、悪い男との関係は早々に断ち切るのが一番でしょう。

 

相手に彼女がいることを知らず、うっかり関係を持ってしまうこともあるかもしれません。しかし、彼女持ちの男性と“セフレ”として割り切った関係でいることは、決して居心地のいいことではないでしょう。ぜひ自分から断ち切る勇気を持ちたいものです。

【画像】

※ HBRH/shutterstock

【関連記事】

※ バレるからやめて!社内不倫カップルの「ゲスLINE」をコッソリ覗き見

※ もう限界!男が「別れを決意した」彼女のウザLINE

※ 可愛いなぁ♡男がグッとくる「行為中」のワガママ