画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マウスコンピューターは26日、法人向けPCブランド「MousePro」にて、省スペース型デスクトップPC「MousePro S」シリーズを発表した。同日から販売開始する。直販価格は税別54,800円から。

今回発売する「MousePro S」シリーズは、従来モデルからケースデザインを一新。従来と比べ設置面積が7%減と省スペース化し、デスク上に置きやすくなった。ケース内部は光学ドライブをスリムタイプにすることで拡張性を向上し、電源容量も従来の220Wから300Wへ強化。このほか、ストレージのラインナップなど、ユーザーがカスタマイズできる幅が広がっている。

最小構成となる「MousePro S299E」の主な仕様は、CPUがIntel Celeron G3930、メモリが4GB、ストレージが500GB HDD、グラフィックスがIntel HD グラフィックス610、電源が80PLUS BRONZEの300W電源など。

インタフェースはUSB 3.0×4、USB 2.0×6、DVI-D×1、D-Sub×1など。本体サイズは約99×340×290mm。