会議で発言する李首相=26日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は26日に開かれた第14回平昌冬季五輪・パラリンピック大会支援委員会で、2月9日に開幕する平昌五輪に関して「入場券があっても現場に行かない、いわゆる『ノーショー(No Show)』が発生する恐れがある」とし、「機関・企業が職員(社員)に参加を促してほしい」と呼びかけた。

 李首相は「過去の冬季五輪では通常20%程度がノーショーになる」とし、「ノーショーは個人より入場券を団体で購入した場合に多く発生する」と説明した。

 現在平昌五輪の入場券販売率は72%、パラリンピックは75%で、後援金は目標を15%上回る額が集まった。

 李首相は五輪を会場で見るという国民が7%程度にとどまっていると指摘した上で「テレビと現場は違う」として、会場でウインタースポーツの醍醐味(だいごみ)を味わうことを勧めた。

 また、李首相は世界の選手、記者、首脳級要人が多数韓国を訪れると述べ、「仁川空港、KTX(高速鉄道)、ロボット、(次世代通信規格の)5Gをはじめ、韓国の先進ICT(情報通信技術)を世界に見せるだけでも韓国経済にプラスになる」と期待を示した。

 北朝鮮選手団の五輪参加については「緊張状態だった朝鮮半島が少し平和の息を吹き返した。これも世界は驚くべき展開だとみている」とし、「世界のこのような期待も、朝鮮半島情勢と韓国経済に良い影響を与えている」との見解を示した。

 この日の会議では五輪組織委員会と統一部が業務報告を行った。組織委は平昌五輪の準備が支障なく進んでいるとし、統一部は北朝鮮と共に実施するイベントなどについて「万全を期している」と伝えた。