画像提供:マイナビニュース

写真拡大

デルは26日、薄型軽量の13.3型ノートPC「New XPS 13」を国内発表した。同日から販売開始する。直販価格は税別169,980円から。

「New XPS 13」はベゼル幅4mmの次世代フレームレス・ディスプレイを採用した13.3型ノートPC。2018年1月上旬に米国で開催された「CES 2018」で発表されたモデルで、11.6型クラスの本体に13.3型ディスプレイが搭載されている。

プロセッサにはクアッドコアの第8世代Intel Coreを採用。ディスプレイはオプションで4K Ultra HD(3,840×2,160ドット)のタッチ液晶が選択できる。

本体カラーは、プラチナシルバーとブラックに加え、新たにローズゴールドが追加された。ローズゴールドのパームレストはグラスファイバーを採用したアルペンホワイトとなっている。

没入感のあるオーディオ、ビジュアル体験を提供する「DELL CINEMA」にも対応。DELL CINEMAには、HDRコンテンツを鮮明に表示できるCinemaColorや、WavesMaxx Audio Proを採用した独自サウンドソリューションCinemaSound、通信パケットの種類を検知し、映像や音楽に最大の帯域幅を割り当てるCinemaStreamの3要素が含まれている。

最小構成の主な仕様は、CPUがIntel Core i5-8250U(1.60GHz)、メモリが8GB、ストレージが256GB PCIe SSD、グラフィックスがIntel UHD Graphics 620、ディスプレイが13.3型ワイド(1,920×1,080ドット)など。

通信機能がIEEE802.11ac準拠の無線LAN、Bluetooth。インタフェースがThunderbolt 3×2、USB 3.1 Type-C×1、DisplayPort×1、microSDカードリーダーなど。オプションで指紋認証センサーを電源ボタンに搭載できる。

本体サイズはW302×D199×H7.8〜11.6mm、重量は1.21kg。