「歯と歯の間にものが詰まった!」という状況、誰にだって経験がありますよね。すぐに爪楊枝や歯ブラシで取る人もいるでしょうが、中には「放っておけばいつか取れるでしょ」と放置してしまう人もいます。が、歯に詰まったものを放置するのは危険なことです。歯にものが詰まったときの危険性と対処法について、よくチェックしておきましょう。

歯にものが詰まること自体が危険

歯と歯の間にものが詰まりやすいというのは、それだけでもちょっと危険な状況です。例えば虫歯ができてしまうと、歯が削れたり隣の歯と高さに差ができたりして、ものが詰まりやすくなってしまうのです。また、そうやって虫歯ができると噛み合わせも悪くなり、歯と歯のすき間がどんどん開く一方です。歯と歯の間によくものが詰まるという人は、一度歯医者さんで虫歯がないかをよくチェックしてもらうと良いですね。そのまま放置しておくと、挟まった食べかすがさらに虫歯を悪化させて深刻な歯周病を招くおそれもあります。

歯間ブラシで詰まったものを取り除こう

歯と歯の間に何かが詰まってしまったら、爪楊枝よりも歯間ブラシを使って取り除くのがおすすめです。歯間ブラシなら爪楊枝では届かないような箇所の汚れも簡単に取り除くことができますから、詰まったものを取り逃してさらに歯の状態を悪化させる…といった悲劇を未然に防げますよ。できれば爪楊枝よりも歯間ブラシを携帯しておくのがおすすめです。

うがいだけでも十分に取れる

場合にもよりますが、歯と歯の間に詰まったものはうがいだけでも取ることができます。食事中や食後などに歯にものが挟まったのを感じたら、一度トイレや化粧室に行ってうがいをしましょう。グジュグジュっと口のなかでしっかりうがいをして、詰まったものを水流で吐き出してください。歯磨きができないときも、せめてうがいをしていれば虫歯の予防にもなります。マウスウォッシュを持ち歩いておくと便利ですよ。

歯医者でものが詰まりにくくしてもらう

最も良い方法は、歯医者で歯と歯の間にものが詰まりにくくしてもらうことです。噛みあわせを調整してもらったり、虫歯を治してもらったり、歯の高さを調整してもらったり…。できれば歯磨きのときのアドバイスを貰って、歯と歯の間に虫歯ができないように対策を練りましょう。歯と歯の間にものが詰まると歯周病になってしまいますし、外から見えたときに格好悪い思いをしてしまいます。


writer:さじや