<レオパレス21ミャンマーオープン 2日目◇26日◇パンラインゴルフクラブ(7,103ヤード・パー71)>
25日(木)に開幕したアジアと日本の共同主管大会「レオパレス21ミャンマーオープン」の2日目。今季2戦目となる石川遼は4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“73”とスコアを2つ落とし、現在のカットラインに1打届かないトータル1オーバー74位タイでフィニッシュしている。

トータル8アンダー単独首位にポール・ピーターソン(米国)、1打差2位タイに川村昌弘、シン・ミカ・ローレン(米国)、2打差4位タイに宮里優作、ラタノン・ワナスリチャン(タイ)が続いている。
先週の「SMBCシンガポールオープン」で2位タイに入った小平智はスコアを2つ伸ばし、トータル4アンダー7位タイでこの日を終えている。また、昨年覇者のトッド・シノット(オーストラリア)はトータル1アンダー37位タイにつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【注目選手スイング解説】改造中の石川遼、問題は右サイドに!?
1年ぶりの復帰、タイガーのニュースイングはまるで「武術の達人」【連続写真】
石川遼に何が起こっているのか、田中秀道はこう見る
石川遼に何が起こっているのか、プロコーチ井上透はこう見る
キャロウェイ『ローグ(ROGUE)』のアマ試打レポ 『エピック』とどんな性能差を感じたか?