KDDIは、多業種のパートナー企業と共同で企画・開発するコレボレーション型のホームIoTサービス「with HOME」を1月30日より提供開始する。

KDDIのホームIoTサービス「with HOME」

 KDDIが提供中の「au HOME」を利用するには、auスマートフォンまたはauひかりの契約が必要となるが、「with HOME」はauスマートフォンおよびauひかりを契約していないユーザーでも申し込みが行える。

 同サービスは、スマートフォンと「with HOMEデバイス」を活用することで、外出先から自宅の鍵・窓の開閉状況が確認できるほか、家電の操作・電機使用量の確認、自宅にいる家族とのコミュニケーションなどに使える。

 1月30日時点では、住宅関連企業のほかKDDIグループの中部テレコミュニケーション、ビッグローブなどの計12社が「with HOME」を取扱するパートナーとなる。

 同サービスの初期費用は2000円で、基本料金は月額490円(税別)、これに加えて「with HOME」対応デバイスの機器代金の支払が必要となる。

月額料金490円+デバイスの機器代金

 パートナーとなる企業のニーズにあわせて、パートナーが代理店となりKDDIがユーザーに対してサービスを提供する販売代理モデルと、パートナー自身がユーザーに対してサービスを提供する卸モデルの2つのモデルが提供される。

 「with HOME」サービスの申込方法は各パートナー企業ごとに異なる。一部のパートナー企業は「with HOME」のWebサイトからも申込を受付する。同Webサイトは、1月30日に正式オープンが予定されている。

「with HOME」取扱パートナー一覧

株式会社アキュラホーム
株式会社飯田産業
株式会社いろは
株式会社シーファイブ
JAHBnet
中部テレコミュニケーション株式会社
株式会社テソロ
鳥取ガス株式会社
ナイス株式会社
ナイスコミュニティー株式会社
伏見管理サービス株式会社
ビッグローブ株式会社