レゴにプログラミング要素を取り入れた「レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス」。発売日は2月1日で、価格は25,000円前後になる見込み

写真拡大 (全13枚)

 レゴにプログラミング要素を取り入れた「レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス」が発売される。スマートフォン、あるいはタブレット端末でプログラムが可能だ。そこで都内で開催されたプレス体験会に出席してきたが、大人も充分に楽しめる仕上がりだった。

■センサーにより複雑な動きが可能に

 まずは製品の概要から説明したい。レゴ ブーストは847ピースから構成される。説明書にしたがって組み立てることで「ロボットのバーニー」「子猫のフランキー」「ギター4000」「ブースト車」「ブロック組み立てマシン」の5モデルに自由に変形することが可能だ。ハード面では、キャタピラを動かすモーター、色や距離を認識するセンサー、振動を感知するセンサー、バネで飛んでいくダーツシューター(大砲)、音声の録音機能などを備える。乾電池で駆動する。

「ブースト車」「ブロック組み立てマシン」

「ロボットのバーニー」「子猫のフランキー」「ギター4000」

 スマホのアプリでプログラミングできる動作は、左右前後に何マス進む、どちらにどのくらいの角度で回転する、どの方向に首を振る、ダンスをするといった単純なものから、色を感知してスタートする、モノを感知してスタートする、振動でスタートするなど複雑なものまで60種類以上を用意している。

 国内販売予約は、1月26日よりトイザらスにて開始。2月1日より全国のトイザらスの一部店舗およびオンラインストア、2月15日からは全国のレゴランドストア、家電量販店、Amazon.comにて販売が開始される。価格は2万5千円前後になる見込みだ。

■漫才で自己紹介

 壇上ではLEGOLAND Japanの西真一郎氏によるデモが行われた。これは「ロボットのバーニー」と一緒に漫才をするような内容だった。話し終える度に、軽くバーニーの背中に手を当てる西氏。するとバーニーが話し出し、ときにダンスを踊る。1回目の振動でこの録音ファイルを再生し、2回目の振動でこのダンスを踊り、というようにプログラミングしているのだろう。その後、すごろくのようなボードを使った簡単なミッションも披露した。こうした遊びを通じて、子どもたちは楽しみながらプログラミングの基礎を学べるに違いない。

■「子猫のフランキー」

 ほかの形態も、それぞれキャラクターが立っている。手始めに子猫のフランキーについて説明しよう。デモ機にプログラミングされていた動作は「ミルクボトルを見せたら、立ち上がり、座り、顔を振る」「ろうそくを見せたら、ハッピー・バースデイ・トゥ・ユーを歌う」「背中をさすったら、ゴロゴロと猫なで声をあげて尻尾を振る」といったものだった。

子猫のフランキー

 製品にはミルクボトル、ろうそく、魚の骨などのアイテムが同梱されており、フランキーはそれらを色の認識センサーで感知している。また、背中をさすったことを感知するために振動センサーを使用している。センサーを使ったこうしたアイデアには感心させられる(詳細は以下の動画を参照のこと)。

 一方で「ブースト車」は、戦車やブルドーザーをイメージさせるフォルムで、ハンマーで地面を叩く、ダーツ砲を打つ、といった男の子が喜びそうな動作をプログラミングできる。アプリ上に表示されるコントローラを使えば、ラジコンのように前後左右に自由に走らせることも可能だ。

こちらはブースト車。プログラミングはもちろん、ラジコンのように自由に走らせることもできる

 「ブロック組み立てマシン」は、工場のような形をしている。プログラミングにより、レゴのブロックを1つひとつ掴み、ベルトコンベアーで運び、自動で小さいロボットを組み立てることが可能。こちらは体験会で準備中だったため体験できなかったが、知的な子どもの創造性を刺激しそうな、シブ好みの形態と言えるだろう。

■ギター4000に感心

 なお、筆者が個人的に気に入ったのは「ギター4000」。レゴでどうやって音楽を演奏するのか、不思議に思う方もいらっしゃるだろう。私も説明員に詳細を聞いて、そのギミックに「なるほど」と納得した。基本的な演奏方法から順を追って説明していこう。

筆者のお気に入り、「ギター4000」。左手と右手の動きに、プログラミングを掛け合わせることで音楽を演奏できる

 まず演奏者は、支点を中心に扇を描くように動く可動部を右手で左右に動かすことで、弦を「ジャラン、ジャラン」と鳴らすことができる。これは開放弦を鳴らしているような感覚だ。このときの音程は、竿についているカポタスト風の可動部の位置で決まる。この可動部を左手で上下に動かすことで音程を変えられる。

カラフルな竿にご注目いただきたい

 ここまで書いて、果たして読者がついてきているか不安になったが、構わず続けたい。音程はカポタストが止まっているブロックの色で決まる。この色は、どうやって認識しているのだろうか。実は竿の付け根に、色の認識センサーが設置されている。おそらく(これは筆者の想像だが)カポタストの内部に鏡があり、センサーが「いまカポタストが何色の位置にあるのか」を読み取れるようにしているのではないだろうか。

色を認識するセンサーが、ギター4000の音程を決める重要な役割を担っている

 一方、アプリ上では「赤ならド」「緑ならレ」「黄色ならミ」...といった具合に音階を振り分けられる。音色もアコースティック、エレキ、バイオリンなど数種類から選択が可能。なお、あらかじめ録音しておいた音楽ファイルを鳴らすこともできる。またパーカッションを鳴らす、伴奏を再生する、といったこともおこなえる。これにより、独りセッションも可能だろう。ここまでくると、ちょっとしたDTMアプリを触っているような気持ちになる。

アプリ上で、色に音階と音色を振り分けられる。音楽ファイルを鳴らす、伴奏を流すといったことも可能だ

 竿の長さが決まっている(つまり鳴らせる音が限られている)のが残念だが、よく考えてみたら、これが子どもの手の届く範囲なのだ。しかし録音ファイルを鳴らす、伴奏を利用するといった組み合わせを活用すれば、演奏にも幅が出せそうな印象を持った。ちなみにスタッフの説明によれば「(童謡など)限られた音程で済む曲であれば、最後まで完奏できるのではないでしょうか」とのことだった。「7歳の子どもがギター4000で童謡を弾いてみた」の動画がYouTubeで話題になる、そんな展開もありそうだ。

関係者によれば上記の5モデルのほかにも、追加で新しいモデルに変形できるオプションも考えているとか

 登説明会に壇したレゴジャパン マーケティング部の池畠祐里氏は、昨今の「小学校の段階でプログラミング教育を必修化すべきではないか」とする動きについて言及。本製品ならレゴを通じて子どものクリエイティビティが育てられるとアピールした。世に"知育アプリ"と呼ばれるものは多いが、教育の要素が強かったり、やりこみ要素が少なかったりすると早々に飽きがきてしまう。その点、大人も夢中にさせるレゴ ブーストなら、ロングセラーにもなりうるのではないだろうか。

レゴジャパン マーケティング部 シニアマーケティングマネージャーの池畠祐里氏