1975年に発見された230年前の女性のミイラ 英外相の遠い先祖だった

ざっくり言うと

  • 1975年にスイスの教会で発見されたミイラ化した女性の遺体
  • 1787年に亡くなった遺体は、ジョンソン英外相の父方の遠い先祖だと判明した
  • 遺体は体内に多くの水銀が含まれており、保存状態が良かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング