「ダイヤモンド富士」を六本木ヒルズ展望台で、後光が差した富士山&東京の夕景を堪能

写真拡大

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューの屋上「スカイデッキ」で、雄大な景色の「ダイヤモンド富士」の観賞ができる。日程は2018年2月8日(木)の日没頃だ。

「ダイヤモンド富士」とは、夕日が富士山の頂上と重なり、その瞬間まるでダイヤモンドのような輝きを放つ光景のこと。年2回ほどしか見られない希少な現象で、富士山と光り輝く太陽が織り成す芸術的な美しさが魅力だ。

観賞当日は、17:00過ぎに夕日が富士山頂にかかり、後光が差したような神々しい富士山や刻々と変わる空の色、眼下に広がる暮れゆく東京の夕景と、上から下まで美しい眺めを堪能できる。

また、東京シティビューのオフィシャルフォトグラファーである荒谷良一によるスカイデッキでのおすすめ撮影スポットや、デジタルカメラやスマートフォンで上手に撮影できる「ダイヤモンド富士」撮影のワンポイントアドバイスも予定している。

【詳細】
「ダイヤモンド富士」観賞
開催日:2018年2月8日(木) 日没頃(17:00過ぎ予定)
場所:東京シティビュー「スカイデッキ」(森タワー屋上)
住所:東京都港区六本木6-10-1
料金:一般 1,800円、高校・大学生 1,200円、4歳〜中学生 600円、シニア(65歳以上) 1,500円
※スカイデッキは追加券 500円(4歳〜中学生 300円)が必要
荒谷良一氏によるワンポイントアドバイス(無料) 16:30〜16:45頃
※安全上、天候不良時(降雨、強風、濃霧など)はスカイデッキはクローズするが(HPで告知)、「ダイヤモンド富士」の観賞ができる場合は52階屋内展望回廊で実施。また、スカイデッキに入場後、やむを得ず観賞を中止する場合もあり。


[写真付きで読む]「ダイヤモンド富士」を六本木ヒルズ展望台で、後光が差した富士山&東京の夕景を堪能

外部サイト

  • 「皆既月食観望会」六本木ヒルズ屋上で、"都内で最も空に近い場所"から見る神秘的な天体ショー
  • 「週刊少年ジャンプ展」第2弾を六本木ヒルズで『SLAM DUNK』『こち亀』など90年代の作品を特集
  • 「PLAY!スペースインベーダー展」開催、六本木ヒルズ展望台のガラス面に投影されたインベーダーを撃退