火事が起きた病院(読者提供)=26日、密陽(聯合ニュース)

写真拡大

【密陽聯合ニュース】26日午前7時半ごろ、韓国南東部の慶尚南道密陽市にある病院で発生した火災について、消防当局は同11時までに31人が死亡し、69人が軽傷、8人が重傷を負ったと明らかにした。

 通報者によると、出火元は1階の応急室とみられ、1階と2階で多数の死者が見つり、5階の病室でも死者が発見されたという。

 また、同病院に入院していた患者は2〜6階に約100人で、病院の裏側にある療養病院には94人が入院していたという。療養病院の患者は避難させ、被害を受けなかった。

 火災の原因に関しては「現在調査中」とした。