出典:shutterstock.com

カップルでいざお花見へ出かけようと思っても、人気のお花見スポットは多くの人で賑わい混雑しているものです。せっかくのお花見をしっかり満喫するためにも、事前の下見は重要なポイント! 交通手段やお祭り開催の有無、出店やトイレ情報など、下調べを行なうことでスムーズにお花見を楽しむことができます。

関東・関西別でみる、下見デートにおすすめな花見の名所をチェックしていきましょう。

江戸時代から続く関東・埼玉の花見名所「熊谷桜堤の桜」



出典:shutterstock.com

江戸時代からお花見の名所として知られる、埼玉県熊谷市の「熊谷桜堤」。関東の桜の名所としても有名で、毎年多くの人を魅了する穴場スポットです。荒川沿い約2kmには500本以上のソメイヨシノが植えられ、土手には菜の花が咲き、満開時期にはピンク色と黄色の絶景が楽しめます。

毎年4月上旬に桜まつりが実施され、約50軒の出店が登場。ステージイベントなども開催され、多くの人で賑わいます。JR熊谷駅から徒歩5分とアクセスもよく、駐車場も用意されているため便利ですよ。トイレや商業施設なども周辺には揃っているため、安心して訪れることができます。

熊谷桜堤では夜間のライトアップも行われており、日中と夜間の2パターンを楽しむことができる点も大きな魅力のひとつ。下見デートの際には周辺のお店をチェックしてみたり、夜間のお花見スポットをチェックしたりすると、お花見当日がスムーズに進みおすすめです。

楽しみ方豊富! 関西・京都の桜名所「淀川河川公園背割堤地区」



出典:shutterstock.com

京都府八幡市を流れる淀川河川沿いには約1.4kmに及ぶ桜並木があり、春になると約250本のソメイヨシノの咲き乱れ、関西のなかでも近年人気を集める花見の名所として知られています。4月上旬には「背割堤さくらまつり」(旧「八幡桜まつり」)が開催され、河川敷沿いには出店が登場し、多くの人が訪れ賑わうことでも有名です。

淀川河川公園背割堤地区内には、バーベキューが行なえる穴場エリアもあり、また川を上り下りするお花見船の運航もあるため、お花見をさまざまな方法で楽しめる点も魅力になっています。日頃は常設されている公園専用の駐車場の利用が可能。トイレは河川敷沿いに数多く常設されているため安心してお花見を楽しむことができます。

また、八幡桜まつり開催時期には、常設駐車場の利用ができなくなるため、事前に近隣の駐車場を確認しておくと安心ですよ。下見の際には、バーベキューデートを楽しんでみたり、自転車を借りてサイクリングをしてみたりして、事前にお花見のベストポジションを確認してみましょう!

春のお花見に向けてカップルで下見を行って、お花見スポットの楽しみ方を事前に確認しておきましょう! 下見完了時には「また春に来ようね」と約束を交わすとよって、よりお花見への気持が盛り上がりますよ♡