総合株価指数が一時最高値を上回るも反落した=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】26日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は反発して始まり、一時は2565.84まで上昇し前日25日に付けた取引時間中の過去最高値(2564.43)を更新した。その後は反落し、午前10時5分現在、前日比7.11ポイント(0.28%)安の2555.12となっている。

 時間がたつにつれ外国人投資家の買いが弱まっており、証券会社のアナリストはトランプ米大統領の25日(現地時間)の「強いドル」発言が影響したとの見方を示した。