画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●終焉を迎えるスルッとKANSAIとパスネット

ここのところ、関西では「○○カードの利用終了」、関東では「パスネット払い戻し終了」というお知らせが、私鉄・公営交通の各駅で目立つ。

以前、鉄道を利用する際にはお馴染みだった、磁気式プリペイドカードを直接、自動改札機に投入して乗車できるシステムが、いよいよ終わりを迎える告知である。

関西の「スルッとKANSAI」のルーツは、阪急電鉄の「ラガールスルー」サービス。自社のプリペイドカード「ラガールカード」を、きっぷに引き換えることなく、自動改札機で直接使えるサービスが1992年4月1日に導入された時に始まる。同種のサービスはすぐに私鉄、公営交通、バス各社へと広まり、カードの共通使用も可能となった。「スルッとKANSAI」という共通名称による運用は、1996年3月20日からである。

スルッとKANSAI対応カードの利用終了と払い戻しのお知らせ

すでにスルッとKANSAI対応カードの発売は2017年3月31日限りで終了。そして、自動改札機やバスの運賃箱への直接投入による利用も、2018年1月31日限りで終了する。使用されなかった残額については、今後、カードの発売会社にて、期間を区切って無手数料での払い戻しが行われる。

一方、関東では1991年にJR東日本が「イオカード」を導入した。これは日本で初めて、磁気式プリペイドカードを直接、自動改札機へ投入し、乗車できるサービスであった。パスネットのシステムは、このイオカードを基本に開発されている。

○寿命が短かったパスネット

パスネットは、2000年10月14日に加盟各社で一斉に導入された。ただしJR東日本は加盟しなかった。 そして、その寿命は短く、2008年3月14日には、ほとんどすべての会社で自動改札機への直接投入による使用を終了。その後、自動券売機での利用やICカード「PASMO」への残額引き継ぎはできたが、これも2015年3月31日まで。そして、2018年1月31日限りで発行会社での無手数料払い戻しも終了し、完全に使命を終える。

●磁気式プリペイドカードで駅が変わった

鉄道が磁気式プリペイドカードを導入したことにより、もっとも大きく変わった点は、駅における利用客の流れであろう。

関東や関西では自動券売機の台数が必要最小限にまで減らされた駅が目立つ

それまでは、運賃表で目的地までの運賃を確認し、自動券売機できっぷを現金で購入してから、鉄道を利用するのが当たり前であった。しかし、磁気式プリペイドカードをあらかじめ購入しておけば、乗車前の手間はほぼ皆無になり、利用客はダイレクトに改札口へ向かえるようになったのだ。この人の流れは、ICカード時代となった現在へと引き継がれている。

当然ながら自動券売機の利用頻度が減り、台数を減らすことが可能になった。これは大きな設備投資、およびメンテナンスコストの削減となる。乗車券類の用紙代一つとっても、相当な節約となったであろう。

○ターミナル駅で貴重なスペースを産む

捻出されたきっぷ売り場のスペースは、その多くが商業施設へと転用された

さらに自動券売機用、つまりは「きっぷ売り場」のスペースが、より小さくても済むようになった。そこで売り場を整理統合。捻出した空間を商業施設へ転用する鉄道会社が、いくつも現れた。収益のアップとコスト削減が同時に図れる、一石二鳥の経営施策として、磁気式プリペイドカード導入の効果は大きかったのだ。

特に都心のターミナル駅では、もともと自動券売機の台数が多く、もちろん利用客数も多いため、効果はよりてきめんであった。ずらりと並んだ券売機に代わり、改札外のコンコースにも大小さまざまな商店が並ぶようになった時期は、「スルッとKANSAI」や「パスネット」の普及と軌を一にしている。

●磁気式プリペイドカードが短命に終わった理由

ただ、スルッとKANSAIもパスネットも、その利用期間は短かった。すぐICカード時代が到来したためである。

JR東日本が「Suica」の本格的な導入を始めたのは、実はパスネットが導入された直後の2001年のこと。ICカードの開発を進めていたため、同社は二重投資を避けてパスネットには加盟しなかったのだ。関西では、JR西日本の「ICOCA」が2003年にスタートしている。

磁気式プリペイドカードにも対応する機種(左側の2台)と、ICカード専用機(右側の1台)では、形や大きさは似ていても、中の機構はまったく違う

ICカードの利点は、磁気式プリペイドカードよりはるかに多かった。まず自動改札機を簡略化できることが、大きなメリットである。従来の改札機は、きっぷであれ磁気式プリペイドカードであれ、投入口から排出口までスムーズに送り、その間に磁気を瞬時に読み取る機械的な構造が不可欠だった。当然、磨り減る部分が多くあってメンテナンスの手間がかかり、そもそも高価であった。

カード自体も再利用ができない使い切りであった。使用後に回収し、好事家への販売も行われたが、廃棄物となった割合も大きかったであろう。

だが、ICカードは微弱電波を使ってデータをやり取りするシステムであるため、扉の開閉部分以外の、機械的な構造が自動改札機から一掃された。当然、安価になり、メンテナンスコストも劇的に低減されている。

また、読み取り装置が簡便で安価になったため、駅のみならず、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど、町中の商店への設置も可能になった。「電子マネー」としての利用は、磁気式プリペイドカードには真似ができない特長である。富山地方鉄道の「ecomyca」や高松琴平電気鉄道の「IruCa」など、磁気式プリペイドカードが導入されなかった中小私鉄へも、ICカードは普及している。

○合理化・バリアフリー化の先駆としての磁気式プリペイドカード

ただ、小銭不要、運賃の確認不要、きっぷの購入も不要という利点が、心理面および手間の面での「バリアフリー化」に、多大な貢献をしたのも事実である。磁気式プリペイドカードの登場で、自動券売機に対応しづらい高齢者や子供が、公共交通機関を利用しやすくなったとも言われる。この利点は、もちろんICカードにも引き継がれた。

スルッとKANSAI対応カード発売終了後も、発売と利用が継続される「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」

磁気式プリペイドカードは完全に役割を終えたわけでもない。「元祖」の阪急電鉄と、阪神電気鉄道、能勢電鉄、北大阪急行は、スルッとKANSAI対応カードの発売が終了した後も、新しいプリペイドカード「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」の発売を継続。4社の路線に限られるが、4月1日以降も、自動改札機への直接投入による利用が可能である。長い歴史を持つがゆえ、沿線利用客の慣れもうかがえる施策である。