画像提供:マイナビニュース

写真拡大

フリーウェイは1月25日、韓国RADSONE製のワイヤレスヘッドホンアンプ「EarStudio」の取り扱いを開始。ワンモアが運営するクラウドファンディング「GREENFUNDING」にて出展をスタートさせ、1月25日の時点で目標金額の100万円を達成している。支援金額は12,980円から。

EarStudioは、DACに旭化成製「AK4375」×2基を搭載。独自技術「DualDrive テクノロジー」により、Hi-Fi DACとアンプを独立駆動させている。

ワイヤレス機能はBluetooth 4.2で、Qualcomm aptX HDコーデックのサポートによって、音源を最大48kHz/24bitハイレゾ相当でワイヤレス伝送が可能。コーデックはQualcomm aptX HDのほか、aptX、AAC、SBCに対応している。

aptX HD以外のコーデックも、独自技術「DCT」により88.2kHz/24bitにアップコンバート可能。対応プロファイルはHFP / HSP / A2DP / AVRCP。

音声出力インタフェースは、2.5mm(バランス)、3.5mm(アンバランス)。出力レベルはバランス時で3.2vpp、アンバランス時で6.4vpp。出力インピーダンスは1Ω。350mAhのバッテリを内蔵し、約14時間の連続再生が可能。本体サイズはW30×D53×H15mm、重量は約20g。