1979年から走り始めたSLやまぐち号、2017年から客車も3代目の新型車量になりました。先代のレトロ調を引き継いだデザインで、車内も懐かしい感じになっています。この、蒸気機関車保存運転の草分け的なSLやまぐち号、終点の津和野駅を降りると日本3大芋煮の文字が……。さっそく車内食で挑戦してみました。

『SLやまぐち号』津和野、知らなかった日本三大芋煮?/2017年

1979年から走り始めたSLやまぐち号、昨年から客車も3代目の新型車量になりました。

先代のレトロ調を引き継いだデザインで、車内も懐かしい感じになっています。

牽引する機関車は従来からのC57に加えて、D51も走り始めて、鉄道ファンの注目を集める山口線です。

[C57と、C56の2両で牽引したときのSLやまぐち号(2012年撮影)]

山口県の新山口駅から走り始めたSLやまぐち号は、島根県の津和野駅まで走ります。

津和野駅に到着したSLやまぐち号。
記念写真タイムが始まります。
(2009年撮影)

津和野駅にSLが到着したとき、見ておきたいお楽しみがターンテーブルです。

電車や、両側に運転台のある機関車と違って、SLは行きと帰りで機関車の向きを変えなくてはなりません。

そこで、到着した駅で、ターンテーブルと呼ばれる施設で方向を変えます。

小さな鉄橋に乗って、ぐるりと回る姿は、大人も子どもも見入ってしまうお楽しみの時間です。

[機関車だけ切り離してターンテーブルで向きを変えます。大きな機関車がぐるぐる回る様子は見ていて飽きません。(2009年撮影)]

駅前に、ど〜んと目立つ「日本三大芋煮」の文字を発見!

ターンテーブルを楽しみ、駅の正面を見ると、「日本三大芋煮」の文字が目に入りました。

津和野駅前にあった、
「日本三大芋煮」の文字。
(2017年撮影)

はて、日本三大芋煮とは?

「芋煮」といえば、すぐに山形は思い浮かびます。

文字の横には、写真入りで並んでいました。

・山形 中山町 芋棒煮 芋煮

・愛媛 大洲市 いもたき

・島根 津和野町 芋煮

です。

日本三大芋煮!?

う〜〜ん。

全国各地に、それぞれの芋煮があって、なかなか「三大」を決めるのは難しいのかもしれませんが、2016年には津和野でも三大芋煮が集まってイベントがあったそうです。

それにしても、津和野の芋煮は知りませんでした。

さといもと、焼鯛だけのシンプルなものと書いてあります。

津和野の道の駅の食堂で探してみましたが、残念ながらメニューには見つかりません……。

津和野の、道の駅。

ただ、道の駅の農作物のコーナーにはたくさんのさといもが並んでいました。

さといもがたくさん並ぶ、
地元農作物のコーナー。

とりあえず、さといも購入です。

次に行ったのは、地元のスーパーマーケット。

いつものテで、買い物中のお母さんにリサーチです。

「すみません。芋煮ってどうやって作るんですか?」

すると、連れて行ってくれたコーナーには、焼いた鯛が大量に並んでいました。

スーパーに並んでいた、
芋煮用の焼鯛。

ありがいことに、コーナーには作り方まで張り出してありました。

必要なのは、
焼鯛とさといも、
ゆず、
(あと、昆布と酒と塩と薄口しょうゆ)。

シンプルな材料をそろえました。

なお、専用の鯛がない場合は、小ぶりの鯛のワタとエラをとって、しばらく塩をしてから焼いておくそうです。

(自宅に帰って作ってみましたが、焼いた後、少し時間を置いて、締まった後のほうが良い感じです)

1日の撮影を終えて、温泉に入った後、レシピにしたがって料理タイムです。

昆布だしが煮立ってから、
皮をむいたさといもを入れ、
竹串がすっと入るくらいに煮る。

フライパンに鯛を並べて、
酒をふりかけて蓋をし、
2〜3分蒸す。

煮えたさといもを、
汁ごと投入。

ことこと20分ほど煮て、
しょうゆと塩で味付け。

鯛をほぐして椀にもり、
松葉に切ったゆずをのせて完成!!

[鯛の骨からの出汁で、深い味になっていて、じつに美味しい!]

秋の津和野の味「芋煮」、勉強になりました。

スーパーマーケットで教えてくださったお母さんによると、お店で食べるよりは、祝い事などに自宅で食べることが多い料理だそうです。

作り方も簡単で実に美味しく、わが家でも、ちょっといい事があったときに作っています。

佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。

 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など