W杯開催地ロシアでホテル料金が最大50倍!? 日本戦開催の2都市も“法外値上げ”の対象に

写真拡大

連邦観光局が悪質ホテルのブラックリスト公開 日本戦開催地ではすでに40倍の宿も…

 ロシア・ワールドカップ(W杯)は6月に開幕を迎える。

 世界各国のサッカーファンが4年に一度の祭典に足を運ぶと目されるが、地元ではホテル業者が「最大50倍」という法外な宿泊費アップを画策しているという。ロシア紙「ザ・モスクワ・タイムズ」が報じている。

 今大会は首都モスクワなど11都市で開催される。記事によれば、なかには「通常の5000パーセント以上」の値上げを決めたホテルが出ているという。

 ロシアの連邦観光局は先月、W杯開催都市の悪質ホテルのブラックリストを公表。日本代表がグループリーグ初戦(18日・コロンビア戦)を迎えるサランスク、そして第3戦(28日・ポーランド戦)の舞台となるヴォルゴグラードではすでに通常価格の40倍をつけた宿があると伝えている。カリニングラードのホテル・アゴーラでは通常一泊2400ルーブル(約4700円)の部屋が、13万ルーブル(約25万円)の高値がつけられるケースもあったようだ。

 記事では、ロシアW杯には海外から約150万人が現地で観戦する見通しだと紹介。連邦観光局は期間中に海外の観光客からの2億ドル(約220億円)の収益を見込んでいるというが、日本人サポーターは法外な価格アップを図る“ぼったくりホテル”に細心の注意が必要だろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images