セインツがモナコのアルゼンチン人FWカリージョを獲得、推定移籍金は約30億円

写真拡大

▽サウサンプトンは25日、モナコのアルゼンチン人FWグイド・カリージョ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半となっている。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金は1910万ポンド(約29億5000万円)とのことだ。

▽191cmの大型FWであるカリージョは、エストゥディアンテスでキャリアをスタート。2015年夏にモナコに移籍し、モナコでは公式戦95試合に出場して21ゴール9アシストを記録している。今季はここまでリーグ・アンで15試合に出場して4ゴール1アシストをマークしていた。

▽サウサンプトンへの移籍が決まったカリージョは公式サイトで次のように語っている。

「サウサンプトンは僕が幼い頃からプレミアリーグで観ていて知っているクラブだよ。プレミアリーグは世界で最も重要なリーグだと考えていた。クラブについてはコーチングスタッフがアルゼンチン人だし、プレミアリーグにいるアルゼンチンの元チームメートたちに話を聞いたりしたよ。だから決断に迷いはなかったんだ」