(写真提供=SPORTS KOREA)文在寅大統領

写真拡大

総理大臣や大統領の誕生日は、よっぽどでない限り気づかないまま過ぎるものだろう。

しかし、去る1月24日に65歳の誕生日を迎えた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に限っては、そうでもないようだ。

最近、ソウル市内を走るいくつかの地下鉄駅構内では、「1953年1月24日、韓国に月が出た日」というコピーと文在寅大統領の大型写真をよく見かけるようになったという。いわゆる「誕生日お祝い広告」の文在寅大統領版が登場したのだ。

名字がムン(MOON)であることから、支持者の間ではよく月(MOON)に例えられる文在寅大統領だが、誕生日を“月が出た”と表現したところには支持者の愛情が伝わってくる。

文在寅大統領がアメリカの『タイム』誌の表紙を飾ったときも大フィーバーだったが、今回もそれに近い愛着を思わせる。

そもそも「誕生日お祝い広告」とは

そもそも誕生日のお祝い広告は、主に芸能人(特にアイドル)の誕生日を祝うためにファンが自発的に行うイベントである。

韓国の芸能人ファンたちの間では今やひとつの文化として定着しており、そういった広告を駅で見かけるのも珍しくなくなってきた。

韓国の広告代理店担当者や企業のマーケティング担当者は、そうした「誕生日お祝い広告」を人気のバロメーターとして参考にし、キャスティングに役立てている場合もあるほどだ。

しかも最近は、韓国国内だけでなく海外で広告を展開する場合もある。

昨年の6月と12月にはTWICEのツウィとWanna Oneのカン・ダニエルの誕生日を祝う動画広告が、それぞれニューヨークのタイムズスクエアで流れたことが代表的なケースといえるだろう。

このタイムズスクエアにも文在寅大統領の誕生日を祝う広告が掲載されたらしく、海外メディアも今回の文在寅大統領のお祝い広告を取り上げている。

アメリカでは「韓国大統領がまるでK-POPアイドルのような扱いを受けている」(『QUARTZ』)と報じられた。現大統領の誕生日お祝い広告が出されたのは韓国史上初の出来事だけに、メディアが騒ぐのも当然だろう。

気になるお祝い広告のお値段は?

では、文在寅大統領の誕生日お祝い広告は誰が企画し、いくらの広告出稿料がかかっているのだろうか。

『東亜日報』などによると、今回のお祝い広告は文在寅大統領の支持者、特に女性支持者が中心となって掲載したもので、動画と写真を合わせて1360万ウォン(約136万円)ほどの費用がかかっているという。

掲載期間やスポット、駅の知名度などによって金額は上下するが、例えば大型カラー写真広告1件をソウルの1カ所の駅で1カ月間掲載する場合、およそ170万ウォン(約17万円)がかかるといわれていることを考えると、9〜10カ所には掲載されていたと考えても良いもかもしれない。

一般人にとって決して安い金額ではないが、文在寅大統領は以前から“イニグッズ”と呼ばれる大統領関連アイテムが出回るほどの人気者。支持者が自発的にお金を集めて前例のない「大統領の誕生日お祝い広告」を行うのも、一種のイベントめいた要素もあるのだろう。

ただ、当然というべきか、韓国では賛否両論がある。

自由韓国党や正しい政党など、野党に所属する議員たちは「公共機関の政治的中立性に損傷・憂いのある広告は設置を制限する」という韓国交通公社の広告物審議規定を根拠に、広告の撤去を主張している状況だ。

韓国ネット民も「やりすぎではないか」

文在寅大統領の支持層が多いとされるネット空間でも、意見はさまざま。

「ちょっとやりすぎではないか」「人に迷惑がかかることではない」といった意見が飛び交っている。

そこには、文在寅大統領らが中心となって推し進められている平昌五輪の女子アイスホッケー南北合同チーム結成などへの反発も働いているのかもしれない。

(参考記事:平昌五輪に「芸術団、美女軍団、アイスホッケー南北合同チーム」は本当に必要なのか

誕生日お祝い広告は、ファンにとっては所属感や一体感をもたらして、当事者とファンの絆を深めるきっかけになるし、広告市場を活性化させるという側面もある。一方で、そのお金をもっと社会的にも有意義なところに使えないのかという意見があるのも事実だ。

熱狂的な支持者の愛情表現とはいえ、国家元首の誕生日を盛大に祝うのはどこぞの国の指導者たちとさほど変わらず、いささか滑稽にも映るが……。

(文=慎 武宏)