iOS 11.3の開発者向けベータ版がリリース。バッテリー状態の診断や健康管理の新機能が追加
アップルは1月24日(米現地時間)、開発者向けにiOS 11.3の最初のベータ版をリリースしました。それに合わせて一般向けにもプレビューを公開し、今春の正規版の登場とアップデート内容を予告しています。

今回の主要なアップデートは、バッテリー管理の新機能と拡張現実感を実現する開発環境ARKitの更新、アニ文字4つの追加と健康に関する記録を確認できる新機能「Health Records」。それにユーザーが企業と直接コミュニケーションが取れるBusiness Chatの5つとなっています。iOS 11.3では、バッテリー状態を診断するとともに、修理が必要な場合はユーザーに知らせる新機能が追加。これは設定のバッテリー項目内に用意されるとのこと。

さらに、バッテリーが劣化したiPhoneのシャットダウンを防ぐためにパフォーマンスを低下させる電源管理機能のオンオフを、ユーザーが任意に切り替えることも可能に。これらの機能はiPhone 6以降で利用できるとされています。

そして拡張現実アプリ開発環境であるARKit 1.5も提供され、これまで以上にiPhoneやiPadを通じての現実世界と一体化した没入感にあふれるAR体験が実現するとのこと。

iPhone Xのカメラで撮影したユーザーの顔が反映される「アニ文字」は、ライオン、熊、ドラゴン、頭蓋骨の4つが追加され、計16種類に。アップルによればアニ文字は「爆発的な人気」を呼んでいるそうです。

健康を管理する新機能Health Recordsでは、病院や診療所など複数の機関にある医療データを一つにまとめ、患者が必要なときに簡単に確認できるようにするもの。対象はこの取り組みに参加している医療機関に限られますが、健康データを一元管理し、検査結果や投薬、身体状態などに関する定期的な通知を受け取ることも可能に。



Business Chatは、ユーザーが企業と簡単に連絡が取れるコミュニケーションツール。担当者との会話以外にもアポの予定を入れたり、アプリ内でApple Payによる支払いも可能。ユーザーの連絡先を先方の企業に伝えることもなく、プライバシーも守られます。



iOS 11.3ベータ版は、現時点では開発者のみに提供されていますが、後に登録者向け(誰でも登録できる)パブリックベータプレビューも提供されるとのこと。iPhoneやiPadのバッテリー劣化状態がいつでも好きなだけ確認できる日を心待ちにしたいものです。