セレナ・ウイリアムズ、出産後5ヶ月ぶりの公式戦へ[フェドカップ]

写真拡大

全米テニス協会が火曜日、米ノースカロライナ州アシュビルで2月10日から11日にかけて行われる「フェドカップ」のオランダとの1回戦にセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がアメリカ代表として出場する、と発表した。

9月1日に母になったセレナは、2017年1月に「全豪オープン」を制して以来、公式戦に出場していない。同大会は自身23回目の4大大会シングルスでの優勝となり、オープン化以降の4大大会優勝記録を打ち立てた。

アメリカチームの監督であるキャシー・リナルディの選手名簿でセレナとともに名を連ねるのは、姉でメジャー戦7勝の覇者、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)だ。姉妹が最後に「フェドカップ」のチームで一緒にプレーしたのは3年前になる。それぞれが最後に出場したのは、セレナが2015年4月、ビーナスが2016年2月となっている。

屋内のハードコートでオランダと対戦するアメリカチームには、昨年の「全豪オープン」と「全米オープン」で準決勝に進出したココ・バンダウェイ(アメリカ)もいる。4人目の選手は来週発表となる。

「全米オープン」の決勝戦に出場したマディソン・キーズ(アメリカ)は、もしアメリカが準決勝進出を果たしたらそこで尽力してほしい、とリナルディに言われたため、1回戦ではプレーしない、と述べた。

「セレナと一緒にいてプレーするのはいつでもすばらしいことだと思う。彼女が『フェドカップ』でプレーすることもね。彼女とチームを組むのはいつも楽しい。ツアーに戻ってくることをとても楽しみにしている」と「全豪オープン」でキーズは語った。

昨年の「フェドカップ」はアメリカが制した。国の最多優勝記録である18勝目だが、2000年以来の優勝だった。

セレナは雑誌「Vogue」に対し、アレクシス・オリンピア・オハニアン・ジュニアを出産後に肺に小さな血栓が複数できたものの、体調に関しての恐怖と折り合いをつけた、と語った。

セレナは12月30日のエキシビションマッチに出場したが、その後に今月の「全豪オープン」を見送ることを決めていた。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は昨年の「全豪オープン」決勝でのセレナ・ウイリアムズ
(AP Photo/Kin Cheung. File)