デビュー戦と同じアルゼンチンと対戦したFP室田祐希「あの頃よりは成長した」《国際親善試合》

写真拡大

▽25日、フットサル日本代表は国際親善試合のアルゼンチン代表戦を東京の大田区総合体育館で行い、2-4で敗北️。日本代表のFP室田祐希が、世界王者であるアルゼンチン戦を振り返っている。

◆FP室田祐希(日本代表)

――世界王者であるアルゼンチンと対戦してみて

「何もできなかったわけではありません。最初のところでサインプレーの連携ミスから失点して、他にももったいない失点がありました。逆に自分たちもチャンスがあった中で決めきれず、その差が出たとおもいます」

――代表デビューがアルゼンチン戦だったが、その頃と比べると成長を感じるか

「前半は自分の持ち味であるドリブルが出せませんでした。間合いが取り辛かったですが後半は徐々に掴めました。ただ、そうやって掴めるポイントを前半から掴まなければいけません。成長に関して言えば、海外の試合も経験して落ち着きなど、あの頃よりは成長したように感じてます」

――富山でのリベンジマッチで見せたい部分は

「勝つことが一番だと思います。入りで失点しないことと、球際をもっと強く行かないと上のチームには勝てません。もっと気持ちを出して、ルーズボールなどに強く行きたいと思います」