浅野拓磨はやはりポルトガルへ? 中島翔哉の退団が報じられるポルティモネンセ入りが迫っていると報道

写真拡大

▽シュツットガルトの日本代表FW浅野拓磨が、ポルトガルのクラブへと移籍すrかもしれない。ポルトガル『A Bola』が報じた。

▽浅野は、2016-17シーズンにサンフレッチェ広島からアーセナルへと完全移籍を果たすも、ビザの関係などもあり当時ブンデスリーガ2部のシュツットガルトへとレンタル移籍。チームの昇格に貢献すると、今シーズンもシュツットガルトに残りプレーしていた。

▽今シーズンのブンデスリーガでは、ここまで15試合に出場し1ゴールを記録。しかし、先発は7試合とポジションを勝ち取ったとは言えない状況だ。

▽さらに、シュツットガルトは今冬に元ドイツ代表FWマリオ・ゴメスを獲得。今後の出場機会もあまり得られない状況が続くと見込まれている。

▽そんな浅野の獲得を目指しているのは、MF中島翔哉が所属するポルティモネンセのようだ。その中島も、今シーズンの活躍がスカウトの目に止まり、ポルトやベンフィカなどポルトガル国内の強豪クラブや、その他の欧州クラブも熱視線を送っている。中島が今冬に移籍する可能性もあり、ポルティモネンセは後釜として浅野をターゲットにするようだ。