小型の金塊(資料写真)=聯合ニュース

写真拡大

【仁川聯合ニュース】韓国・仁川国際空港から1キロの金塊38個を持ち出そうとした20代の日本人男性が25日、税関当局に摘発された。

 仁川国際空港公社と仁川本部税関によると、この日午後3時20分ごろ、第2ターミナルで保安検査の担当者が金塊を無許可で持ち出そうとした日本人男性を発見し税関に引き渡した。

 現在、男性が意図的に金塊を密輸しようとしたのか、調査中という。18日にオープンした仁川空港第2ターミナルで金塊の密輸とみられる事件が摘発されたのは、初めて。