ダイエットをしている、今年こそダイエットを成功させたい、減量まで行かなくても理想の体型になりたい、というあなた。それは次に紹介する4つのことを見落としている可能性があります。逆にこの4つのことを守れば、ダイエットをしなくても体重が落ちたり、理想の体型になれるかもしれませんよ

盲点その1:タンパク質が足りていない

体重を減らそうと食べ物を制限して必要なタンパク質も減らしてしまっていませんか。そもそもタンパク質の量が少なくないですか?ご飯やパン、パスタの主食より、毎食で魚、肉、卵、牛乳、大豆製品などのタンパク質が入っているかどうかを意識してください。糖質制限や炭水化物制限をする前に、タンパク質を摂る、を意識すべきです。

盲点その2:水分が足りていない

水分の役割として老廃物を回収するはたらきがあります。水分が不足すると血液がドロドロになり基礎代謝を下げてしまいます。水分をアルコールやコーヒーなど嗜好品で補っていては水分補給とは言えません。逆に水分不足になる可能性もあります。一気飲みもだめ。喉が乾く前にちょこちょこと水分を補給する。できればお茶でもなくミネラルウォーター(常温の水)で、1日1,5リットルは補いましょう。むくみがある人も水分補給を見直してください。

盲点その3:ストレスがある

誰にでもストレスはありますが、あまりに大きなストレスがかかっていると、ホルモンの一種であるコルチゾールが筋肉をも分解してエネルギーに変えようとしてしまいます。そうなると基礎代謝が下がってしまうということになります。また食欲が暴走したり、甘いものが欲しくなったり、いろいろなものがコントロールできなくなります。強いストレスを抱えている状態でのダイエットは難しいです。まずは悩みを解消することが先。また解消する必要がないと思っている小さいストレス(例えば、通勤電車の問題など)でも、よく観察するとそれが原因で痩せないこともあります。例えば電車通勤を頑張ったから甘いドリンクを飲む、なんていうのは典型です。ストレスを減らす努力は必要です。

盲点その4:良い油を摂っていない

油分は大敵だと制限し、体に必要な油まで制限していると、ホルモンバランスが乱れ、体脂肪を分解するはたらきや筋肉合成に大きな影響を与えてしまいます。体に摂って特に必要で、健康効果が期待できる油はオメガ3系と言われるものです。このタイプの油はむしろ十分量を摂った方がダイエットの近道です。

タンパク質と良質な油が摂れる食事をし、ストレスを解消して、水分をこまめに補給すだけで、ダイエットをしなくても理想の体重になれるかもしれませんよ。


writer:Masami