「Thinkstock」より

写真拡大

 大学受験が本番シーズンを迎えた。

「毎年、『どうしてこういう結果になったのだろう?』という受験生は割と多いです。いいほうに転んで、最も難易度の高い大学にだけ合格し、それ以外は不合格だったというケースも、不思議ですが実際に起こります」

 代々木ゼミナール教育総合研究所入試情報室の川崎武司室長の言葉である。人生のあらゆる局面と同じく、予測通りにはいかないのが大学受験だ。前回記事『東大・早稲田・慶應が「関東の地方大学化」…早慶は7割が関東出身、東大より地元大学』では最近の受験の動向について紹介したが、今回はいよいよスタートした今年の大学受験で、いかにして失敗のリスクを回避していくかについて、川崎室長と同研究所の佐藤雄太郎所長に話を聞いた。

 まず、少子化で受験生の数は減っているが、その影響はどうなのだろうか。

「受験人口が200万人くらいの時代もありましたが、現在の18歳人口はおよそ120万人くらいです。東大を例にすると今も昔もだいたい募集人員は3,000人ほどなので、母数が減っている分、単純に言えば入りやすくなっているのは事実です。ただ『それなら東大を目指そう』という受験生も増えているわけで、私立の難関大学も含めて倍率は高いままで推移しています。一方、私立大学全体で見ると、地方の大学を中心に現在は4割強が定員割れしています。

 私立大学に対しては文科省の主導で定員厳格化が図られています。それまで定員の1.2倍まで大学としてのキャパシティが許されていましたが、8,000人以上の大規模大学に対して2016年で1.17倍、17年で1.14倍、この春の入試では1.10倍まで厳格化するとなっています。もしその基準を超えてしまうと補助金がカットされます。4,000人以上8,000人未満の中規模大学についても、数値は異なりますが定員厳格化が図られています。これには地方の大学に受験者を振り分けるという意図があり、大学受験の状況は二極化しているといえます」(川崎室長)

 では実際に受験に関する失敗リスクを減らすには、どうしたらいいだろうか。

「定員厳格化との関係でセンター試験利用入試での出願が増えていること、私立の一般入試に関しても、出願数を増やしている受験生が、特に首都圏は多くなっているように見受けられます。失敗リスクを減らすには多く出願することですが、ご家庭の状況もあるので、一概に多く受験しなさいとは言いづらいです。私立の一般入試は、2月に入れば毎日のように行われています。受験生の体力的精神的な負担を考えると、どんなにがんばっても3日連続までというアドバイスをしています。3日連続というのも、男子で相当体力がないと厳しいと思います。センター試験2日間だけでも、特に女子であれば、終わった後はどっと疲れているはずです。2日ないし3日連続で受けるのが限界。その後はインターバルを置かなければいけないでしょう」(川崎室長)

「学内併願で受験料が割引になる制度を設けている大学は増えていて、一度の受験で複数の学科を併願できる大学もあります」(佐藤所長)

「2月の頭から入試は始まりますが、第一志望が最初の入試にならないようにすることです。予行演習の意味も込めて、それ以前に第一志望以外の大学を受験するように日程を組んだほうがいいでしょう。やはり受験は予測通りにはいかないですから、同じくらいの入試レベルの大学を広く出願する一方で、異なる入試レベルの大学へ広く出願することも必要だと思います。受験生自身や保護者のプライドもあるかもしれませんが、いわゆる滑り止めはやはり受けておいたほうがいいでしょう。定員厳格化の影響もあって、ここは合格するだろうという見込みがここ1〜2年は通用しづらくなっています。自分にとって多少入試レベルが落ちるところも押さえておいたほうがいいと思います」(川崎室長)

 特定の一部分野を除けば、日本の社会は学歴主義よりは実力主義だ。ブランド力の高い大学にこだわる必要はないが、目の前の試練に挑む受験生たちには、ベストを尽くすようエールを送りたい。
(文=深笛義也/ライター)