画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Mozillaは2018年1月24日(米国時間)、「We’re Hiring a Developer to Work on Thunderbird Full-Time!|The Mozilla Thunderbird Blog」において、メールアプリケーション「Thunderbird」のメンテナンスおよび改良を実施するソフトウェアエンジニアを募集すると発表した。

就職条件や求められているスキルなどは次のとおり。

6ヶ月間の雇用契約、週最大40時間の就労時間

電子メール、IRC、Bugzillaなどテキストベースでのコミュニケーションスキルおよび業務管理能力

バグやリグレッションなどの修正

Thunderbird’s Engineering Steering Committeeとの連携および新しいプラットフォームへ移行するためのモジュール開発

開発版/安定版Thunderbirdのメンテナンスおよび改良

Firefoxプラットフォーム向けに実施された改善のマージ

自ら巨大なコードベースを調査し学ぶ能力

問題解決へ向けて世界中のボランティアや従業員と連携する能力

リリースへ向けてQA、Security、Localization、Release Engineeringのメンバーと連携する能力

また、これまでの業務経験として次のような項目が挙げられている。

700万行を超えるコードを持った巨大なソフトウェアシステムの開発経験と知識

XPCOMやXULなどの知識を持ったアドオン開発者またはボランティアコントリビュータ

GitやMercurialなどの分散バージョン管理システムの使用経験

Pythonおよびmakeなどのビルドシステムの経験

クロスプラットフォームアプリケーションの開発経験

コンピュータサイエンスの学士(ただし、実地経験が好ましい)

WebブラウザFirefoxの開発に比べ、Thunderbirdの開発はメンテナンスレベルにとどまっており、ほとんど進展していない状態が続いている。Mozillaが今後Thunderbirdにどの程度のリソースを割くのか、今後の展開が注目される。