濃度別に抹茶を味わえるチョコ 辻利のバレンタインコレクション

写真拡大

 バレンタイン用に限定発売されたショコラ・コレクションだが、味わってもらいたいのは抹茶の奥深さ。京都・宇治の老舗「辻利」は、バレンタイン限定の「辻利ショコラコレクション」を1月下旬から順次、辻利の3店舗(宇治本店・京都店・銀座店)および全国百貨店バレンタイン催事で発売する。コンセプトは、「茶を知り尽くした宇治の茶匠が、パリの街へ」。新作の「抹茶くらべ」(税別1,800円)は、1・3・5・7・10%と濃度別の抹茶チョコに加え、サクラの香りの「さくら苺」も楽しめる6種類のチョコセット。ミルクのまろやかさが際立つ1%から、抹茶のうまみと苦みが特長の10%まで、あなたの好みは何%かな? 「トリュフ」(4個入り同1,300円、6個入り同1,950円)は、口どけのよい抹茶ガナッシュをあん入り抹茶チョコペーストで包んだ辻利のオリジナル。濃厚抹茶の「ヴェール」、ほろ苦い「ノワール」、ゆず果皮が爽やかな「ブラン」の3種類が楽しめる。「辻利コレクション」(3個入り同890円、6個入り同1,770円など)は、チョコに合う宇治抹茶を厳選した、ボンボンショコラの詰め合わせ。