携帯電話業界では、一番盛り上がるとされるのが春商戦。その主役の一角は、大手キャリアが本気で取り組む「学割」だ。そこで各社の「中の人」が語る学割の特徴や、他社との違いをご紹介しよう。今回はソフトバンクの「中の人」だ。

ソフトバンク

中の人: 寺本 明日香氏 モバイル事業推進本部 事業企画統括部 販売企画部 企画3課

中の人が語る今年の「学割」

 「学割先生」では、データ容量を気にせずに使える50GBの大容量データプラン「ウルトラギガモンスター」を1年間月額3980円からご利用いただけます。さらに今年の学割は、学校の先生もキャンペーン対象になっています。一方で、初めてスマートフォンを利用するので、データ使用量が少なくてもいいというお客さまには「スマホデビュー割」もご用意しております。「スマホデビュー割」は次の機種変更までずっと月額1980円(1GB)でご利用頂けます。iPhone 8もiPhone 8 Plusも対象です。

一押しポイント

大容量50GBの「ウルトラギガモンスター」が1年間月額3980円から利用可能。 「学割先生」の対象は25歳以下のお客さまと学校の先生。 25歳以下、学校の先生なら、新規契約だけでなく機種変更も割引対象。 「学割先生」のほか、今なら新しいiPhoneが実質最大90%OFF。 はじめてスマホを持つお客さまには、新しいiPhoneが1980円(1GB)で使える「スマホデビュー割」も用意。 2月からSUPER FRIDAY復活。25歳以下のお客さまは特典2倍です。