ソフトバンクは、国際ローミングを定額で利用できる「海外パケットし放題」を2月1日にリニューアルする。

 「海外パケットし放題」は、ソフトバンクとY!mobile(ワイモバイル)の両ブランドで提供されている、海外渡航者向けパケット定額サービス。

 リニューアル後はソフトバンクが定額ローミングサービスを提供しているすべての国・地域(167カ国)で利用できるようになる。あわせて、対象地域のすべての通信事業者が定額対象となるため、これまで手動で設定する必要があった接続先選択の手間もなくなる。

 また、対応機器の制限も緩和され、スマートフォン、タブレット、フィーチャーフォンに加え、新たにモバイルWi-Fiルーターやデータカードに対応する。

 料金体系はこれまでと同様。1日単位の2段階定額制で、LTE対応機種なら1日12.5MBのデータ通信が最大1980円、それ以上は2980円となる(料金は非課税)。

 なお、旧イー・モバイルの「海外データ1日定額」対応機種では、「海外パケットし放題」は利用できない。音声通話、TVコール、SMSの利用は定額対象とならない。