「キットカット ショコラトリー サブリム バレンタインアソート」(5本入り、1,944円)

写真拡大

数々の監修商品を通じて「キットカット」の新しい魅力を発掘してきた「ル パティシエ タカギ」「ル ショコラティエ タカギ」のオーナーシェフ・高木康政が全面監修する「キットカット」の店「キットカット ショコラトリー」。都内に4店舗、札幌、名古屋、梅田にそれぞれ1店舗ずつ常設店を構えるなか、キュービックプラザ新横浜に2018年2月2日(金)〜14日(水)の期間限定でオープンすることが決定した。

シックで高級感あふれるロゴ

「キットカット ショコラトリー」は、カカオ豆やその品種、産地を厳選し、熱の加え方や隠し味、遊び心もある素材の使い方など高木シェフの技や知恵がいかんなく発揮された商品が満載。チョコレート好きの大人でも満足できる店になっている。

■ 世界初のルビーチョコレートなど、バレンタインデーに贈って喜ばれる商品が充実

やはり注目は、バレンタインデーに贈りたい商品の数々。中でも今年は「ルビー チョコレート」の登場が見逃せない。「ルビーカカオ」と呼ばれるカカオ豆から作られる、ミルクでもビターでもホワイトでもない全く新しいチョコレートで、鮮やかなナチュラルなピンク色が特徴。ベリーのようなフルーティな酸味もあり、さわやかな甘味に仕上がっている。そんな新しいチョコレートを商品化し、「サブリム ルビー」と名付けたのは「キットカット ショコラトリー」が初だけに、絶対にゲットしたいところ。

この限定店舗では、この「サブリム ルビー」2本に、定番のミルク、ビター、ホワイト各1本がセットになった「キットカット ショコラトリー サブリム バレンタインアソート5本」(1,944円)、これに抹茶とローを加えた「キットカット ショコラトリー サブリム バレンタインアソート7本」(2,592円)がバレンタイン限定として登場する。

このほかにも、定番の“サブリム”シリーズの「サブリム ビター」、「サブリム ミルク」、「サブリム ホワイト」(各324円)などや、「サブリム ミルク」にクランベリーやクラッシュアーモンドをトッピングした「モレゾン」(540円)なども販売予定。

恋人はもちろん、これまでお世話になっている人や友達、そして自分へのちょっと贅沢なご褒美など、さまざまなギフトに重宝されそうだ。期間限定オープンだけに忘れずにチェックしよう!【取材・文/瀧本充広】(横浜ウォーカー)