今年はどんな活躍を見せてくれるかに期待!(写真は「日本女子オープン」)(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ピュアシルク・バハマLPGAクラシック 事前情報◇25日◇オーシャンクラブGC(6,625ヤード・パー73)>
2017年の「日本女子オープン」で、記録尽くめの優勝を収めて国内女子ツアーの話題をさらった畑岡奈紗が、米国の地に再び挑む。
女子プロたちが華麗な装いで登場!LPGA創立50周年記念パーティ
米国女子ツアーに初参戦となった昨年、開幕戦の「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック」では、1打足りずに80位タイで予選落ち。デビュー戦は悔しい結果に終わり、その後も成績は振るわずシード権獲得は果たせなかった。
しかし、2度目の参戦となる今年は、昨年とは違った表情を見せる。「コースは風が強いです。ただ、去年よりも広く感じるので、思い切ったショットができたらいいなと思います」と、落ち着いた様子で練習ラウンドに臨んだ。
「去年はツアーにフル参戦することも初めてで、4日間競技が多くてコースを覚えるのに目いっぱいだった」と苦い思い出を振り返るが、「今年はコースを知っているぶん、体を休めながら試合に集中していきたい」。今シーズンの出場資格をかけた最終予選会はトップで通過。勢いをつけて挑む18年に、自信もうかがえる。
今年の目標は、「去年は予選通過ができなかったので、まずは今週通過することです。今年は1勝できるようにしたい」といい切り、笑顔を見せた。日本で目覚しい活躍を見せた畑岡が、今年は一回りも二回りも成長した姿で、今度は世界を驚かす。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃスイング見聞】畑岡奈紗はスイングアークではなく“コンパクトさ”で飛ばす!