KDDIはJR東日本と協力し、1月25日〜27日、上野駅構内で「南三陸さんさん商店街へ瞬間移動。au 5Gで現地体感イベント」を開催する。2020年頃の商用化を目指す「5G」(第5世代の通信技術)とVR(仮想現実)を組み合わせ、上野にいながらにして南三陸にいるかのような体験を味わえるという。

 本イベントは、上野駅で開催される「宮城産直市」にあわせて実施される。会場は上野駅の中央改札外グランドコンコース。南三陸に4Kサイズで撮影できるカメラと、360度カメラの2台が用意され、上野にいるユーザーへ映像を送り出す。上野ではVRゴーグルを装着し、現地にいるかのような感覚でショッピングするかのような体験を楽しめる。所要時間は1人あたり15分程度。実際に購入するわけではなく、VRショッピング体験を終えた後は、隣接する宮城産直市を楽しめる。JR側としては、臨場感のある体験を通じて、将来的に現地を訪れる人が増えればと考えているという。

 5Gでは、高速・大容量の通信と低遅延などが特徴で、携帯各社では5Gを活用したソリューションの開発に意欲的。これまで関係者向けの実験は数多く開催されてきたが、今回の実験は、一般ユーザーが国内で初めて、リアルタイムに双方向のコミュニケーションを体験できる内容だとKDDIではアピール。

 KDDIで5G関連の取り組みをリードするモバイル技術本部シニアディレクターの松永彰氏は「一般の方が実際に体験して、5Gのすごさを感じてもらえることを期待している」とコメント。またJR東日本IT・Suica事業本部の高島昭治氏は「5Gの実力が報じられる中、鉄道会社にとってどれほどのものかと思っていた。1Gbpsを下回る数字を見たときにがっかりしたが、しかし1Gbpsという数字を出しているのは無線通信だということにあらためて気づいた。5Gについて一生懸命考えるようになったことこそがJRにとっての知見」と語っていた。