ケパ逃したレアル・マドリーが再びデ・ヘア獲得へ? 2選手譲渡+金銭の大型オファーか

写真拡大

▽レアル・マドリーが再びマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)の獲得に乗り出すかもしれない。スペイン『Don Balon』が報じている。

▽レアル・マドリーはビルバオのスペイン代表GKケパ・アリサバガラを今冬の移籍市場で獲得することが濃厚とみられてきた。しかし先日、ケパはビルバオと2025年まで契約延長。契約解除金が8000万ユーロ(約108億円)に設定された。

▽そんな中、『Don Balon』によればレアル・マドリーは再びデ・ヘア獲りに動く可能性があるようだ。レアル・マドリーは2015年の夏、デ・ヘアの獲得に接近していたが、移籍市場閉鎖間際の取引だったことでクラブ間文書のやり取りが間に合わず、破談に終わっていた。

▽ただ、現在の移籍市場の高騰ぶりを考えれば、“世界最高のGK”とも評されているデ・ヘアの獲得費用は小さくないものになるのが確実。報道によれば、レアル・マドリーはデ・ヘアの移籍金引き下げのために、コスタリカ代表GKケイロル・ナバス(31)とクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)の譲渡を盛り込んだオファーを提示することを考慮しているようだ。