画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●スマートスピーカーを「音質」で選ぶ

スマートスピーカー選びにおける最大のポイントは、どのプラットフォームを採用しているかということです。実質的な選択肢は現状「Amazon Alexa」と「Google アシスタント」の2つですから、どちらが自分の"やりたいこと"にかなうか見極めるのが先決です。

オンキヨーが発売した「P3 (VC-PX30)」は、Amazon Alexaに対応したスマートスピーカーです。Amazonでオンラインショッピングができること、Amazonプライム会員であれば無料の音楽聴き放題サービス「Amazon Prime Music」を使えることが、Alexa対応機の独自性でありメリットといえるでしょう。ニュースや天気予報の確認など、基本的な機能もAmazonブランドの機種「Amazon Echo」などと同じです。

Alexa対応スピーカーは、Google アシスタント対応スピーカーとの比較でいえば、Apple製品との連携に強みがあります。iCloudカレンダーに標準対応しますから、iPhoneやiPad、Macで登録したスケジュールは「アレクサ、今日の予定は?」と尋ねれば日本語で答えてくれますし、イベントの登録も口頭で指示できます。しかも、共有しているiCloudカレンダーを対象にできますから、筆者宅では家族のスケジュール管理にさっそく活用しています。

○Amazon Echoシリーズに対するP3の強み

オンキヨーのP3も、タイマーやアラームの設定、買い物リストへの登録などの機能もAmazon Echoと同等に利用できますが、やはりP3に期待するのは「音」の部分です。スケジュール管理やTODOリストの作成であれば、小さな「Amazon Echo Dot」でも用が足りるわけですから、「音質」こそがP3の身上と言えるでしょう。

スピーカーとしては、2基の2.5インチ (64mm) フルレンジウーファーを出力10W×2chのアンプで駆動し、背面に2基設置した105x59mmのパッシブラジエーターで低域を補完するという構造です。スピーカーユニット間の距離が近いこともあり、ステレオ感は左右セパレートのスピーカーにはかないませんが、量感ある低域を楽しませてくれます。

○Alexaだけではない、DTS Play-Fiにも対応

Amazonブランドの製品に対する「プラスα」も用意されています。そのひとつが「DTS Play-Fi」への対応で、P3のホームスピーカー/オーディオ機器としての可能性を大きく広げます。スマートフォンアプリ「ONKYO Music Control」を通じる形にはなりますが、SpotifyやTIDAL、Deezerといったストリーミングサービスが利用できることに加え、NAS (ネットワーク対応HDD) に保管された音源の再生 (DLNA/DMP機能)、スマートフォン上の音源の再生にも対応します。

●AlexaとDTS Play-Fiの共存が可能性を広げる

DTS Play-Fiは、Wi-Fiを利用したワイヤレスオーディオ規格です。SpotifyやDEEZER、TIDALなど各種ストリーミングサービスに対応するほか、NASに保管された音源の再生 (DLNA/DMP) にも対応します。一般的なBluetoothスピーカーはスマートフォンやタブレットから送信された音データを再生しますが、自律的にインターネットへ接続できる「P3」の場合、スマートフォンやタブレットはリモコンに近い位置付けといえます。

スマートフォンやタブレット上の音源をWi-Fi経由で再生する際にはロスレスコーデックを利用できるため、必ずデータ圧縮を伴うBluetoothより音質的には有利です。最大で192kHz/24bitのハイレゾ音源も扱えますから、より高品質な再生が狙えます。

ところでP3は、AlexaとDTS Play-Fiの両方に対応した「一人二役」的デバイスです。音声コマンドはAlexa対応スピーカーとしての機能であり、スキルの追加や買い物、やることリストの管理には「Amazon Alexa」アプリを利用します。一方、スマートフォン上の楽曲再生やDLNA/DMP (メディアサーバー) はDTS Play-Fiとしての機能ですから、利用するのは「ONKYO Music Control」アプリです。DTS Play-FiはAlexaと異なる技術体系ですから、基本的に音声コマンドとは連携しません (少なくとも現在のところは)。

○P3に「アレクサ、止めて」と呼びかけると

そのため、P3を利用する場合はユーザ側に「暗黙の了解」が求められることになります。Alexa対応のスマートスピーカーですから、どのような曲を再生していても「アレクサ、止めて」で一時停止できると考えてしまいがちですが、SpotifyやメディアサーバーなどDTS Play-Fiの再生機能を利用しているときに「アレクサ、止めて」と命令しても止まりません (アレクサ、という呼び掛けには反応します)。DTS Play-Fiの再生機能をコントロールしたいときには、P3本体のコントロール部に直接触れるか「ONKYO Music Control」アプリを使わなければなりません。

ボリューム調整と音声コマンドの割り込みは例外です。どのような再生アプリを利用していても「アレクサ、ボリュームを上げて」という声に反応してくれますし、「アレクサ、明日の天気は?」という質問にも答えてくれます。回答が終われば音楽再生が続行されるので、実用上困ることはないでしょう。

とはいえ、AlexaとDTS Play-Fiの一人二役であることの理解は必要です。たとえば、メディアサーバーの曲を再生しているとき、「アレクサ、曲をスキップ」と音声コマンドを実行すると、制御がAlexaに移ってしまい、直前にAlexaの機能で再生していた曲 (Amazon Prime Musicなど) に切り替わってしまいます。DTS Play-Fiの再生機能を利用しているときは、曲操作関係の音声コマンドを使うことは避けましょう。

●P3を2台用意すれば、ステレオ再生もOK

DTS Play-FiはWi-Fiベースの音楽再生機能を提供するだけでなく、マルチなオーディオ体験を得意としています。オンキヨー「P3」も複数台用意すれば、オーディオ機器としての用途が広がります。

具体例としては、2台のP3を左右チャンネルに割り当ててステレオ再生したり、2台以上のP3を異なる部屋に配置し同時配信したり (マルチ・スピーカー) といった使い方が挙げられます。P3だけでなく、オンキヨー、パイオニア、IntegraブランドのAV機器など、DTS Play-Fi対応機器と連携した音楽再生も可能です。同じ音源を異なる場所に設置したオーディオ機器で再生する、それぞれの音量をスマートフォンで調整する、といった活用スタイルが見えてきます。

○DTS Play-Fiを使ったマルチルーム再生

今回は手はじめに2台のP3を使い「マルチ・スピーカー」を試してみました。1台をリビングに、もう1台を寝室に置き、iPhoneから「ONKYO Music Control」アプリで音楽再生を指示しようという算段です。

事前の準備は、アプリに2台のP3を登録し、それぞれに名前 (リビングルームとベッドルーム) をつける程度です。オーディオソース(Spotifyやメディアサーバー)の選択は自由で、1台のときと画面構成も同じですから迷いようがありません。同じ画面上に並ぶスライダーを操作するだけで音量も調整できます。テストは日中に行いましたが、早朝であれば寝ている家人を音楽で起こす目的にも利用できそうです。

○ステレオ再生のセッティングはいたって簡単

2台のP3を左右チャンネルに割り当てた「ステレオ・スピーカー」も試しました。P3を「ONKYO Music Control」アプリに登録済みであれば、設定画面で「ステレオペア」を選択し、どちらに左右チャンネルの役を負わせるかを決めるだけです。かんたんに左右を入れ替えられるので、設置したあとに作業してもかまいません。ステレオペアの解除もアプリですぐに指示できますから、ふだんはシングル、ときどきステレオという活用も可能です。

ただし、このP3はセッティングにひと工夫が必要です。スピーカーの振動が伝わることを考えずにただ置いてしまうと、低域がこもった印象になってしまいます。P3は低域の量感が多めなこともあり、これでは中高域とのバランスが崩れてしまい、P3本来の音を楽しめません。写真ではレイアウトの都合上、P3の手前に広大なスペースが生じていますが、できればテーブルの端に置きたいものです。

○音質重視でAlexa対応スピーカーを選ぶなら

このようにオンキヨー「P3」はAlexa対応スマートスピーカーとして、DTS Play-Fi対応のネットワークスピーカーとして、充実した機能を備えています。2018年1月現在、AmazonでAlexa対応スピーカーを購入できるのは、(おそらく抽選で) 招待された事前申込者に限られていますが、ここにきて招待メール到着したという報告がSNSから多く届くようになりました。スマートスピーカーを購入するならAlexa対応機、できれば音質重視でと考えるユーザにとって、P3は格好の選択肢となることでしょう。