エムアンドエムグラマシー(株)(TSR企業コード:352718854、法人番号:4020001095117、千代田区鍛治町2−5−6、設立平成24年4月、資本金900万円、田中勉社長)は12月27日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には西本政司弁護士(紀尾井坂テーミス綜合法律事務所、千代田区紀尾井町3−6、電話03−3237−1828)が選任された。
 負債総額は債権者22名に対して約4500万円。

 シェアハウスを中心に民泊や滞在型スタジオなどの企画運営を手掛けていた。板橋区や川崎市、さいたま市のシェアハウスや24時間演奏可能な滞在型スタジオを豊島区に展開。サブリース方式で順次扱い件数を増やし、平成28年9月期は売上高1億3074万円をあげていた。しかし、計画していた入居率を維持できなかったためサブリース料の支払いが滞り、29年12月中旬に事業を停止していた。