【速報】快進撃のマクラクラン勉ペア、準決勝1セット目を先取[全豪オープン]

写真拡大

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)大会11日目の1月25日、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)ペアはダブルス準決勝で、今大会第7シードのオリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)と対戦中。マクラクラン勉ペアは6-4で第1セットを先取した。

マクラクラン勉ペアは、日本勢として実に63年ぶりとなるグランドスラムのダブルスベスト4進出。準々決勝では、ダブルス世界ランキング1位のルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)をフルセットで破っての勝ち上がりを果たしていた。

マクラクラン勉はニュージーランド出身だが、母親が日本人。2017年から日本国籍でプレーすることを選択していた。試合前のインタビューでは英語で「ストルフとはペアを組んでまだ4試合目だけど、本当に仲が良くて楽しくプレーできている。準決勝も攻撃的に自分たちを信じて試合を楽しみたい」と語り、日本語でも「みなさん応援ありがとうございます。セミファイナルもがんばります」と笑顔で話していた。

試合は、マクラクラン勉ペアのサービスから始まった。両ペアはどちらも序盤から「アイフォーメーション」と呼ばれる陣形を要所に用いて、相手のリターンにプレッシャーをかける。さらにマクラクラン勉ペアはサービスリターン時、二人とも後ろのベースラインまでポジションを下げ、強力なリターンショットで応戦しようという作戦。

お互いサービスキープで一歩も譲らずゲームカウント5-4だった中、第10ゲームにマクラクラン勉ペアにチャンスが訪れた。相手のダブルフォルト2本から40-15に。その直後にマクラクラン勉がサービスリターンを相手の前衛に打ち込み、第1セットを先取。

マクラクラン勉/ストルフペアの準決勝は現在、2セット目に進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」ダブルス準決勝を戦っているマクラクラン勉(写真右)/ストルフ(写真左)ペア
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)