Image: Apple

大幅なバージョンアップになります。

数々の騒動を起こしたiPhoneのバッテリー騒動ですが、ようやくその終着点が見えてきました。Apple(アップル)は次期アップデート「iOS 11.3」の概要を公開し、開発者向けプレビュー版の配布を開始しました。バッテリー状態の表示機能や新Animoji、ARKit 1.5など、見どころの多いアップデートとなる予定です。なお、正式公開は今年の春を予定しています。

Image: Apple via MacRurmos

まず顔の表情を再現する絵文字ことAnimojiでは、上のようにライオン、クマ、ドラゴン、ガイコツが追加されます。これにより、iOS 11では合計16種類のAnimojiが利用できるようになります。

さらにバッテリーの状態表示では、「iPhone 6」とそれ以降の端末でバッテリー状態、交換に関する判断、パワーマネジメント機能のオンオフが可能になります。この機能は、今後リリースされるiOS 11.3のプレビュー版にて実装される予定です。

Image: Apple via MacRurmos

さらにARプラットフォームが「ARKit 1.5」にアップデートされ、水平面だけでなく垂直面のオブジェクトも認識できるようになります。また平面テーブルの読み取り精度が向上したり、サインやポスター、アートワークを読み取ったり、現実世界の解像度が50%向上します。

その他の追加機能としては、メッセージアプリを利用した「Business Chat」、ヘルスアプリで医療情報が確認できる「Health Records」などが追加予定となっています。

iOS 11.3はiPhone 5s以降、iPad AirやiPad Pro、第5世代iPad、iPad mini 2以降、第6世代iPod touch向けにリリースされます。個人的には自分のiPhoneのバッテリー状態を知るのはドキドキしてしまいそうですが、もし弱っていたら交換プログラムを活用しましょう。


Image: Poravute Siriphiroon / Shutterstock.com, Apple via MacRurmos
Source: Apple via MacRurmos

(塚本直樹)