仕事が忙しく、毎日クタクタになっている男性は少なくありません。

そんな男性の、疲れた心と体を癒すような言葉をかけてあげられれば、きっと今よりも深く愛されるようになるはず。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男が“仕事の終わりに彼女からかけてほしい言葉”をご紹介します。

 

■「無理しすぎないでね」

男性が、大きな仕事を任されるなどして本当に忙しい状況の時は、相手のペースに合わせて優しく見守るようにしましょう。家でゆっくり休む時間や、貴重な睡眠時間を邪魔するような行為は、うっとうしく思われてしまう可能性があります。

本当に忙しい時は、「あまり無理しすぎないでね」とか「何かできることがあったら言ってね」とだけ伝えるようにするのがいいかも。“気配り”が感じられるような言葉に、男性も「わかってくれているんだな」と安心しますし、あなたのことを“大事な存在”だと思ってくれるでしょう。

 

■「ご飯作って待ってるね」

仕事から疲れて帰ったあと、彼女のおいしい手料理を食べることに憧れる男性は多いでしょう。そのため、仕事が終わったタイミングで「ご飯作って待ってるね」なんてLINEが送られてきたら、「早く帰ろう!」という気持ちになるはず。

また、まるで夫婦かのようなやりとりで、彼に「いい奥さんになりそうだな」と感じてもらえるかも。帰宅した時に家の中からおいしそうな匂いがしてきたら、彼としてはかなり幸せな気持ちになれるはずですよ。

 

■「終わったらどこか行こう」

仕事が忙しく“働き詰め”のような状態になっているときは、疲れだけではなくストレスも相当溜まっているはず。だからこそ、そのストレスを少しでも軽減させるような言葉をかけてあげるのが一番です。

「その仕事が落ち着いたら、どこかに遊びに行こうね」なんて言ってあげると、それを楽しみに仕事を頑張れるもの。もっと具体的に「○○に行こうね」などと言うと、より楽しみになり、やる気も出てくることでしょう。彼が前々から行きたがっていた場所などをチョイスするとさらに喜ばれるかも。

 

■「本当に頑張ってるよね」

「頑張ってね」という言葉は、一見ねぎらいの言葉のようですが、人によってはプレッシャーになってしまう場合もあります。励ましのつもりで言ったのに、「もう十分に頑張ってるよ」と、男性をイラッとさせてしまうこともあるかもしれません。

そこで、「頑張ってね」よりも「頑張ってるね」と言ってあげるといいでしょう。「本当に頑張ってるよね」と言われると、自分のことをちゃんと見ていてくれているような気持ちになりますし、また、「自分のことを認めてくれている」と嬉しくなるはずですよ。

 

彼女からの言葉ひとつで、男性は癒やされたり、「明日からも頑張ろう」という気持ちになれたりするものです。特に、仕事終わりのように男性が疲れている時は、優しい言葉ととびきりの笑顔で迎えてあげましょう。きっと喜んでくれるはずですよ。

【画像】

※ Kamil Macniak/shutterstock

【関連記事】

※ バレるからやめて!社内不倫カップルの「ゲスLINE」をコッソリ覗き見

※ もう限界!男が「別れを決意した」彼女のウザLINE

※ 可愛いなぁ♡男がグッとくる「行為中」のワガママ