うっかり食べ残してカチカチに冷えちゃったピザの再調理ってどうしてますか? 普通にレンジでチンすると、フニャフニャに柔らかくなりすぎたり、逆に固まった生地のボソボソ感が残っちゃったり、どうも仕上がりがイマイチですよね。

ということで今回は、冷めたピザを美味しく温め直す方法をご紹介。再加熱する方法にひと工夫を加えるだけで、焼き立てのようなふんわりカリッと食感に戻ってくれますよ!

フライパン+クッキングシート+水で再加熱!

まずはフライパンにクッキングシートを敷きます。

フライパンを弱火にかけたら、クッキングシートの上から冷めたピザを置き、軽く生地を加熱しておきます。

クッキングシートの脇から、ピザに直接かからないように水を注ぎます。水の量はピザのサイズによりますが、大きめの宅配ピザなら50ml〜、スーパーで売ってるチルドや冷凍のそこそこサイズのピザなら、20〜30ml程度でOKです。

あとは蓋をしてから、火を強火にして約3分待ちます。蓋を取り、まだ水分が残っているようでしたらもうちょい追加で加熱。十分に水分が飛んだようでしたら完成です!

このように蓋をすることで、全体を蒸すようにピザが温められ、生地のふんわり感がしっかりと蘇ってくれるんです。どうにもならないカチカチの冷めたピザが意外なぐらいにちゃんと復活して驚けるので、ぜひ一度試してみてください!