国王杯敗退レアル、カップ戦“24年ぶりの屈辱”に地元紙酷評「ジダン政権で最も愚かな夜」

写真拡大

主将ラモスとイスコ以外は“サブ組”中心のメンバーでレガネスに1-2で黒星

 レアル・マドリードは現地時間24日、本拠地での国王杯準々決勝・第2戦でレガネスに1-2と黒星。

 2戦合計スコアは2-2ながら、アウェーゴールの差で敗退となった。リーグ戦で首位バルセロナに勝ち点19差(1試合未消化)を許すなか、カップ戦タイトルを逃した“白い巨人”は、地元メディアから「ジダン政権で最も愚かな夜」と酷評されている。

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの主力を温存してベンチ外としたレアルは、本拠地サンチャゴ・ベルナベウでレガネスの猛攻を受けた。

 迎えた前半31分、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミが中央のスペイン代表DFナチョにバックパス。厳しいボールのトラップが甘くなったところを、レガネスFWハビ・エラソにカットされ、そのまま豪快なミドルシュートをゴール左上に突き刺された。

 後半2分に元フランス代表FWカリム・ベンゼマが相手GKを嘲笑うループシュートを決めて同点に追いついたが、その8分後にセットプレーから失点。キャプテンのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、司令塔のスペイン代表MFイスコ以外はほぼ控えメンバーで構成されたレアルに、逆転する力を残されていなかった。

「批判されるべき人間が多数存在した」

 スペイン紙「マルカ」によれば、レアルがカップ戦の敵地初戦で勝利を収めながら本拠地サンチャゴ・ベルナベウで逆転負けを喫するのは、1994年UEFAカップ(現・UEFAヨーロッパリーグ)のオデンセ戦(デンマーク)以来となる歴史的な敗退だったという。

 また同紙は、「ジダン政権で最も愚かな夜」と見出しを立て、敗退の憂き目に遭ったチームを酷評している。

「クラブの危機的状況はさらに悪化しただけだった。リーガでバルセロナに勝ち点19差をつけられ、チームはカップ戦からも敗退。ジネディーヌ・ジダンから選手まで批判されるべき人間が多数存在した。監督の国王杯でのローテーションは批判されるだろう。控え選手も期待通りの活躍を見せなかったことも事実だ」

 “機関紙”とも言われる地元メディアからも厳しい批評を受けたレアル。かつての“銀河系軍団”は、深刻な危機を迎えている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images