「秀吉が天下人」であることを、京都の朝廷や民衆が強く認識するようになった茶会がある(写真は豊臣秀吉の「黄金の茶室」の復元:skipinof / PIXTA)

豊臣秀吉が希代の「人たらし」だったのは有名だ。
信長に仕えた時代から、彼は武力ばかりには頼らず、持って生まれたこの「人たらし」の才を生かして出世を重ね、ついには全国を統一し天下人となる。
そんな彼の「人たらし」を最も発揮した舞台が「接待」だ。ただ、この「接待」には、単に相手を懐柔するにとどまらぬ、驚くべき狡猾さが潜んでいた。
『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、「秀吉の接待術」を解説する。

末端の部下の給料をも気にかけた秀吉

2017年10月、豊臣秀吉直筆の手紙が新たに熊本県で発見されました。書かれていた内容は、「部下に俸禄(給料)を与えよ」というものでした。

手紙が書かれたのは、本能寺の変が起こる3カ月前の天正10(1582)年3月のこと。秀吉は備中高松城(岡山市)攻めに備えて、姫路城に在番していた時期に当たります。秀吉が家臣の小出秀政に宛てたこの手紙では、「ありけんハ(有○玄蕃?)」の俸禄として「五人扶持(ごにんぶち)」を与えるよう指示しています。

五人扶持といえば、5人を1年間養える程度の待遇で、当時の武士の身分としてはかなり低いものです。

こうした末端の地位にある部下に対しても、その暮らしについてつねに気を配っている秀吉の、まさに「人たらし」な一面が、この手紙からもうかがえます。

さて、このように敵味方を問わず人の心をつかむことに長けた秀吉ですが、その力は彼の行った「接待」、特に賓客を遇する「接遇」の数々においても存分に発揮されました。

今回は、秀吉の「接待」「接遇」をテーマに、その「本当のスゴさ」について解説します。

今回も、よく聞かれる質問に答える形で、解説しましょう。

Q1. 豊臣秀吉はどんな人物ですか?

1537年、尾張国中村郷(名古屋市中村区)の下級武士(農民とも)、木下弥右衛門の子として生まれ、放浪生活などを経て織田家に仕えました。織田信長の下で早くから能力を発揮し、雑用係から最有力家臣へと出世を遂げると、本能寺の変後は信長の「実質的な後継者」として、天下統一を完遂しました。

豊臣政権を樹立した彼は、さらに明(みん/中国)の征服をもくろみますが、その途中の1598年、62歳で死去しました。

相手の心をつかむ才能に長け、「人たらし」の異名をとります。

Q2. 「人たらし」の由来はどんなところにありますか?

やはり、彼の出自による影響が大きいでしょう。低い身分からのスタートだった秀吉は、並み居るライバルたちとの厳しい出世競争を勝ち抜く術を身に付ける必要がありました。

その結果、彼は信長とは違った、武力を用いずに相手を懐柔する「人たらし」を習得し、家中での出世はもちろん、後の政権樹立の際にもこれをフル活用しています。彼が信長家臣団に連なった折に、先輩筋の「丹羽長秀」と「柴田勝家」両名を立てて名跡を借用し、「羽柴」を名乗ったことは有名です。これも「人たらし」の秀吉らしいエピソードでしょう。

そんな彼が「人たらし」を実践するにあたり、最も多用した手段こそが「接待」「接遇」だったのです。

「接待」は、「武力行使」よりも効率的

Q3. なぜ秀吉は「接待」を重要視したのですか?

利点が多く、効率的だからです。

戦国時代は、その名のとおり、相手を自分に屈服させる手段としては「合戦」が中心でした。しかし、こうした武力解決は、たとえ勝利したところで味方にも人的被害が少なからず生じ、大きな負のリスクが伴います。

また、民衆の統治も、武力で一方的に威圧すれば、最終的に一揆などの反乱を招くこともあり、逆効果です。

これに対して、平和的な「接待」「接遇」戦術を用いれば、屈した相手がそのまま味方にもなり、一挙両得というわけです。

秀吉が行った「接待・接遇とその効果」を、数々の事例から解説しましょう。

Q4. 秀吉の「接待」「接遇」にはどのような特徴がありますか?

基本的に「過剰な演出」を好みました。

秀吉は「接待」や「接遇」の際、一般とは大きく異なり、しばしば手間や費用を度外視する「派手さ」で相手を圧倒しました。さらに、彼のすごいところは、その「接待」「接遇」の結果から生じる波及効果も見据えていて、最終的に「本来の目的+αの大成果」を得てしまうことです。

では、そうした具体例をいくつか挙げてみましょう。

信長に比肩する一大パフォーマンス

【接待1】1500もの茶屋で身分・国籍を問わずおもてなし 〜北野大茶会〜

天正15(1587)年10月、西日本を平定して関白・太政大臣に就任した秀吉は、京都の北野天満宮(京都市上京区)で大規模な茶会、北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)を開催しました。

通常の茶会は小さな茶室を使い少人数で行われますが、「大茶湯」をうたう秀吉は、北野天満宮が所有する広大な敷地すべてを会場に、10日間にわたり茶会を一斉に開くという、前代未聞の試みに挑んだのです(実際には1日で中止)。

この茶会では、茶湯愛好者ならば身分・国籍を問わず参加が許され、秀吉をはじめ著名な茶人による「お手前」のサービスのほか、秀吉自慢の名品コレクションや、臨時移設された「黄金の茶室」の展示も行われました。

茶屋は野点(のだて/野外での茶会)が中心で、その数は800とも1500から1600ともいわれ、かつて織田信長が京都で行った軍事パレード「御馬揃(おうまぞろえ)」に匹敵する盛大さだったと記録されています。

北野大茶湯は大きく世間の話題になり、これによって京都の朝廷や民衆は、「秀吉が天下人」であることを強く認識するようになりました。

一見、費用の回収が不可能にみえるような「接待」「接遇」も、秀吉の手にかかれば十分なハイリターンが戻ってきます。

天下統一に向けた先行投資

【接待2】豪華4泊5日、天皇を自宅にご招待 〜聚楽第行幸〜

天正16(1588)年4月、秀吉は京都に造営した公邸「聚楽第」に後陽成天皇を招きました。

天皇が臣下(武士)の屋敷へ行幸するのは、なんと151年ぶりの出来事でした。初日の豪華絢爛な大行列をはじめ、計5日間にわたる饗宴や儀式では、これまでの前例を凌駕する贅が尽くされました。

この間、秀吉は手始めに銀5530両余と米800石を天皇に進上すると、そのほかにも黄金、刀、衣装、馬などを饗宴の合間にその都度、献上し続け、最終的に天皇が御所に還幸するときの「お土産」が、なんと特大衣装ケース50箱分にもなったほどでした。

この行幸では、同席した公家衆や諸大名にも「お土産」がもれなく配られており、秀吉の財力に誰もが圧倒されました。

一方で、秀吉はこの機会を利用し、饗応とは別に、徳川家康ら諸大名を「天皇の目前」で自分の命令に服するよう誓わせるなど、天皇の権威を後ろ盾に、諸大名へ政権の正統性もアピールしました。

その結果、ついに秀吉は「天下人」として内外に広く認知され、彼に屈服する大名がその後相次ぐことになるのです。

敵対する大名の攻略も、武力だけでなく「接待」「接遇」を駆使して成功させました。

仇敵をも心酔させる接待攻勢

【接待3】十数年来の仇敵を2カ月間も手厚く待遇 〜毛利輝元上洛〜

天正16年(1588)7月、秀吉は中国地方で最大の勢力を誇る大名、毛利輝元に対して上洛を命じました。

すでに秀吉に恭順の意を表していた輝元ですが、毛利氏は織田信長の時代には秀吉と敵対関係にあり、その行方を周囲も注意深く見守っていました。

ところが、会見の場に現れた秀吉は、輝元の上洛を大いに喜び、さっそく豊臣の姓を与えたのをはじめ、高い官位の便宜を朝廷に図るなど、輝元を厚遇しました。

その後2カ月にわたる滞在中も、輝元は、武家はもちろん公家や文化人、商人など名だたる人物をそろえた秀吉主催の饗宴や茶会に招かれ、さらには秀吉自らの案内で奈良の大仏ほか京都・大坂の名所旧跡や、大坂城の天守を見物しています。

この「手厚い」接遇により、輝元はすっかり秀吉へ傾倒してしまいます。最有力大名の一人でもあった毛利氏が秀吉に屈服した意義は大きく、それこそが秀吉の真の狙いでした。

これによって、表向きは秀吉に恭順を装いつつ、輝元のような有力大名が反旗を翻せばそれ乗じようと企んでいた大名たちも、その拠り所を失い、多くが豊臣家臣として生きる道を選ぶほかなくなったのです。

「天下人」秀吉、その「集大成にふさわしい接待」は、やはりこれでしょう。

【接待4】700本の桜を移植、「家中の子女」を花見でねぎらう 〜醍醐の花見〜

慶長3(1598年)年3月15日、秀吉は醍醐寺三宝院(京都市伏見区)に正室をはじめ側室や前田利家の妻らを招き、自らの遊行も兼ねて大規模な桜の花見を行いました。

彼は花見の開催に先立ち、五重塔など山内の堂宇を修理するほか、畿内や吉野から新たに700本の桜を移植させました。開催直前まで雨続きの天候が続いていましたが、そんな秀吉に天も味方し、この日だけは奇跡的に晴れて風もなく、桜も満開を迎えました。

秀吉は、自らの妻妾や家臣の妻らとともに、醍醐の山々に設けた8つの御茶屋を巡って、終日花見に興じました。

また、彼は醍醐に向かう道中、家中に仕える女性数百人(3000人とも)にも仮装行列をさせますが、醍醐に到着すると、彼女らは花見はもちろん、各茶屋に併設された無数の露店で、扇や履物、アクセサリー、文具、雛張子(フィギュア人形)などの玩具から、焼餅や菓子といった軽食にいたるまで、各種ショッピングを満喫しました。

参加したすべての女性には、行列の衣装に加え、現地での着替え2回分を含む計3着の着物が、それぞれ新調されました。

秀吉の「人たらし」には理由がある


秀吉が花見を企画した背景には、苦戦が続く明国との戦いがありました。

九州・西日本をはじめ全国の諸大名への動員命令により、日本中の男たちが戦地へ向かい、残された妻や家族など多くの女性は、彼らの安否を気遣いながら日々不安な暮らしを続けていました。

そのため秀吉は、自らが企画した華やかで盛大な花見に彼女たちを招待することで、女性たちに明るさを取り戻してもらい、そのパワーで国内にはびこる重い空気を払拭しようという狙いもつけ加えたのでした。

しかし、これだけ趣向を凝らした一大イベントであったにもかかわらず、当日は厳戒な警備で招待者と関係者以外の立ち入りが一切許されなかったため、秀吉の願いもむなしく、この「接待」は、世間に影響を与えることはほとんどありませんでした。その5カ月後、「天下人」秀吉は病の悪化により死去、明国との戦いも中止が決定されます。

一般的に「人たらし」として知られる秀吉ですが、それには「理由」がありました。今回紹介した数々の「接待」や「接遇」をみれば、その「理由」は明らかです。彼は、可能なかぎり武力衝突を避けつつ、この「接待」「接遇」を通して「絶大な権威」を勝ち取り、相手を圧倒するという、周到な策略をめぐらせていたのです。

今回解説した「豊田秀吉の接待術」のように、日本史には「知って楽しい隠れたエピソード」から「現代でも参考になる人心掌握術」まで学べることはたくさんあります。ぜひ日本史を学ぶことで、「大人に必要な教養」と「現代でも応用できるスキル」の両方をいっきに身に付けてください。歴史は、そのための「格好の材料」になるはずです。