画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Grandstream Networksの日本総代理店ダイワテクニカルは、4K H.265/Google Assistant 音声認識機能搭載でクラウド会議サービスIPVideoTalkを利用できるコンパクトオールインワンテレビ会議システム「GVC3210」を2月末より発売すると発表した。

「GVC3210」は、GrandstreamのWebRTC対応クラウド会議サービス”IPVideoTalk”が初年度1年間無償利用できる。従来の光学PTZカメラ搭載モデルGVC3200/GVC3202やPCやスマートデバイスからWebRTCで、またPSTN電話回線からの音声による会議参加が可能。

16メガピクセル4Kカメラと90度広視野角レンズによるePTZカメラ機能を備え、デジタルズーム及びパン・チルトができる。また、Google Assistant 音声認識機能により音声による操作が可能なほか、PCやスマートデバイスからWebRTCによるワンクリックでの会議参加、PSTN電話回線からの音声参加をサポーしト、最大100ユーザーまでの同時参加が可能。

通信プロトコルとしてSIP・H.323をサポート。専用線やVPNなどの社内LAN環境での使用や既設機種との接続でも利用可能だという。

そのほか、AndroidベースのためGoogle Playストアにフルアクセスし、Skype、Skype for Business、Googleハングアウトなどのサードパーティーコミュニケーションアプリの利用も可能で、

デュアルストリーム用HDMI出力x2 、コンテンツ共有用HDMI入力x1および、録画用SDカードスロット、USBx2などのインタフェースを装備している。市場想定販売価格は125000円。