ジャパンディスプレイ公式ページより

写真拡大

 ジャパンディスプレイ(JDI)は、ガラス基板を使った指紋センサーを開発した。ある程度の曲面形状にも対応でき、ドアノブやIDカードの指紋認証などへの応用が見込める。2018年度中に量産を始める。

 指紋センサーはスマートフォン向けパネルで使われるタッチ入力技術を応用した。縦横の大きさは8ミリ×8ミリメートル。透明化や、複数枚組み合わせて大型化することも可能だ。感度は一般的なシリコン基板の指紋センサーと同等。年内にはフレキシブル技術の確立についても、めどを付ける。

 湯田克久執行役員は「ハードウエアにこだわらず『インターフェースソリューション』として市場開拓を進める」とした。

 同事業では、既に展開しているデジタルカメラやノートパソコン向けパネルに加え、今回の指紋センサーや仮想現実(VR)向けディスプレーなどにより、新規市場の展開を加速する。他社との連携や課金型ビジネスの展開も視野に入れる。