【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が平昌冬季五輪(2月9日〜25日)に合わせ韓国に派遣する選手団、応援団、テコンドー演武団などの活動に必要な施設を下見する先発隊が25日訪韓する。

 韓国統一部によると、北朝鮮体育省の尹勇福(ユン・ヨンボク)副局長率いる先発隊が25日午前、陸路で韓国入りする予定だ。27日までの3日間、ソウルや五輪競技場がある江原道の江陵、平昌を訪れる。

 初日は江原道を訪れ、応援団などの宿泊所、フィギュアスケートやショートトラックなどの競技が行われる江陵アイスアリーナ、アイスホッケー会場の関東ホッケーセンター、江陵五輪選手村などを見て回る。

 26日は平昌五輪の開・閉会式が開かれる平昌オリンピックスタジアム、竜平アルペン競技場、中継放送の拠点となる国際放送センター(IBC)など主に五輪関連施設を視察する。

 27日はソウルに移動し、テコンドー演武団の宿泊所と公演会場の候補に挙がっているMBC本社の公開ホールを訪れる予定だ。

 また、五輪史上初となるアイスホッケー女子の南北合同チームの北朝鮮選手ら15人も25日に先発隊と共に訪韓する。