自動運転向けの半導体をアピールするエヌビディアのジェンスン・ファンCEO Photo by Hiroyuki Oya

写真拡大

世界最大の家電見本市「CES」。家電の見本市にもかかわらず、ここ数年、急速に存在感を増しているのが自動車関連産業だ。とりわけ「自動運転」をめぐって、米半導体の2強が激しいバトルを繰り広げている。その様子を現地で取材した。(『週刊ダイヤモンド』編集部 大矢博之)

半導体王者のインテルを脅かす
エヌビディアが自動運転で猛攻勢

 自動運転の"頭脳"はいったい誰が担うのか──。

 世界最大の家電見本市「CES」でここ数年、存在感を急速に増しているのが自動車関連産業だ。とりわけ技術の最高峰とも言える「自動運転」をめぐって、米半導体の2強が激しく主役の座を争っている。

 人工知能(AI)向け半導体の旗手として、評価が急上昇中の米エヌビディア。自動運転の分野でも猛攻を仕掛けており、半導体王者の米インテルを脅かすほど乗りに乗っている。

「人工知能は、多くの産業界を革新し始めている。そして、機械学習と人工知能の技術の進化によって実現される自動運転は、この100年間の自動車産業で最大の革命をもたらす可能性を秘めている」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)