圧倒的に不足しているデータサイエンティスト。経済産業省では2020年には4万8000人が不足すると試算を発表し、育成を急いでいる

写真拡大

アメリカでは「最も稼げる職業に」
データサイエンティストとは?

 データサイエンティストという職業をご存じだろうか。

 高度なデータ分析技術を駆使して、ビジネスの課題を解決していく仕事である。例えば、企業がマーケティングキャンペーンを行う場合、どんなユーザーがどんな広告に反応しているかを、膨大なデータから分析をしたり、Eラーニングの学習データを集めて業務改善につなげていく。また、最近ネットでよく見かける、レコメンデーションの仕組みを構築していくなど、その業務は多岐にわたっている。

 データサイエンティストは、これからの社会になくてはならない職業であり、IT先進国のアメリカでは、著名な研究者が高額の報酬で企業に引き抜かれる例も少なくない。いま「最も稼げる職業」と言われている。

 なぜ、そこまで必要とされているのか。

 それは、データ分析やデータそのものが企業の競争力の源泉になりうるからである。まずは仕事の「自動化」が加速する点だ。今まで社員が手動でデータを収集し、分析していたものを、自動で計算することにより大幅な省力化が図れる。その結果、コスト削減が可能になり、売上の増加にもつながる。

 例えば、ある企業では、膨大な商品群から最近の売れ筋を探し出し、自社サイトに掲載していた。人力では週に2、3点が限界だったが、自動化したことで10点を掲載でき、売上も伸びたという。

「PDCAサイクル」をきちんと回せるようになる利点もある。分析データがない場合は、会議の場でどうしても社歴の長い上層部の意見が通ってしまう。しかし、データがあれば、現状を正確に把握することができ、改善につなげていけるのである。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)