ドイツの老舗文房具メーカー、モンブランが2016年から販売するスマホに対応した電子ペンと手帳のセット。税込みで9万円近いが、売れ行きは好調だという(撮影:田所千代美)

上質な革製の手帳に専用の電子ペンで文字を書き込むと、ほぼ同時にデジタル化されてスマホ上に現れる。書いた文字は、あとからスマホやタブレット上でテキスト化したり、他言語への翻訳や検索をかけたりすることもできる――。

このユニークな商品は、高級万年筆で知られるドイツの老舗文房具ブランド、モンブランが2016年から展開しているもの。価格は税込みで9万円近くと高価だが、同社ニューテクノロジー部門の責任者、フェリックス・オブスコンカ氏によれば、「ブランドのファンを中心に好評だ」という。さらに「当社のようなアナログ文具メーカーがデジタル化に対応することで、手書きの価値を訴求することに意味がある」と、今回デジタル文房具に参入した背景を語る。

クリエイター向け電子ペンを牽引するワコム

モンブランの電子ペンをOEM(相手先ブランドによる受託生産)で供給しているのは、日本の電機メーカー、ワコムだ。ワコムは、イラストレーターや漫画家などクリエイター向け電子ペンとタブレット(ペンタブレット)で世界シェア88%(同社調べ、2015年時点)を誇っており、その業界では老舗のメーカーとして知られる。米ウォルトディズニー社が1990年に初めてデジタルで製作した映画「美女と野獣」。その製作にワコム社の製品を採用したほど、性能には定評がある。


ドイツの老舗文房具メーカー、ステッドラーが投入した電子ペン。ペン先にはワコム製品を搭載する。写真の商品はサムスン製品に対応している(撮影:田所千代美)

現在もワコム社の売上高の半分以上はプロ向けの製品だが、ここ5年ほどは、一般の人が使う電子ペン関連の業績の伸びが顕著だ。モンブランに加えて、同じドイツの老舗筆記具メーカーであるステッドラーも、同社のペン先を搭載した電子ペンを投入。サムスン電子、デル、レノボ、ファーウェイなどの電機・ITメーカーからも、PCやタブレットに付属する電子ペンの採用が相次ぐ。日本では昨年10月、3年ぶりに新モデルが発売されたサムスンのスマートフォン、「ギャラクシーノート」シリーズに付属する電子ペンも実はワコム製だ。


ワコムの井出信孝取締役は電機メーカーのシャープ出身。2013年にワコムに入社し、2017年からは取締役として電子ペンのOEM事業を統括してきた。電子ペン市場の拡大に手応えを感じている(撮影:田所千代美)

各社が電子ペンを投入する背景には、画像を加工して投稿するSNSの普及や、ビジネス用途でのメモや資料作成にモバイル端末を活用する人の増加などがある。さらに、教育現場でタブレット端末の利用が拡大していることも電子ペンの普及を後押ししている。

ワコムがOEM事業を展開するテクノロジーソリューション事業の2017年4〜9月期の売上高は、対前年同期比で3割近く拡大。タブレット端末向けに限れば倍増と絶好調だ。

ワコムでOEM事業を統括し、今年4月から社長に就任する井出信孝取締役は、「これまで閲覧用途が中心だったモバイル端末が、クリエイティブな表現のために用いられるようになってきた。指での操作では限界があるため、ペンが必要になってくる。使い心地もどんどん向上し、ひょっとして電子ペンは文房具の代わりになるかも、という領域にまで近づいてきた」と自信を示す。

新型iPhoneは電子ペン対応との観測も

世界の巨大メーカーも、電子ペンに商機を見出している。ウィンドウズのタブレットPC「Surfaceシリーズ」も、独自の「Surfaceペン」による筆記がウリだ。さらには、かつて電子ペン不要論を唱えていたアップルも、2015年にはタブレット端末「iPadプロ」向けに「アップルペンシル」を投入。さらには、今後発売される新型iPhoneは電子ペンに対応するのではないかという観測もある。


サムスンの「ギャラクシーノート」に付属する電子ペンもワコムがOEMで供給する(撮影:田所千代美)

2016年時点の電子ペン市場(信号の発信を伴わないタッチペンは除く)は約30億ドル(3330億円)とまだ小さいが、2021年までには倍の約61億ドル(6770億円)程度まで拡大するという見方もある(タッチディスプレイリサーチ社調べ、2016年時点)。「現時点で電子ペン市場は未熟で、年率何%で成長するといった見方はしていないが、中長期的に爆発的に普及する時期が来ると思う」(井出氏)。

ただ、電子ペンが鉛筆やボールペンの代替品となるまでには、まだ多くの課題が残されている。


電子ペンが今後普及する上では乗り越えるべき課題もある。現状では、OSが異なる端末では使うことができない。また、書き心地にも改善の余地がある(撮影:田所千代美)

1つは、端末に搭載されたOSによって利用できる電子ペンが変わり、相互に互換性がないことだ。たとえば、アップルのiOSを用いたiPadで、ウィンドウズのSurfaceペンを使用することはできず、逆もまたしかりだ。今後は、電子ペンから出る信号や、デバイス上に筆記されたデータの規格の標準化が求められる。そこでワコムは、電子ペンで書き込まれたデータの共通プラットフォーム「WILL」を開発し、提携先に提供する取り組みを行っている。「具体的には明かせないが、世界のトップメーカーから高い関心を持ってもらっているのは事実だ」(井出氏)。

100円玉で買える電子ペンを目指す

加えて、その書き心地にも改善の余地はある。特に、曲線が多いアルファベットとは異なり、一角一角ペン先を離す必要のある漢字の場合は、わずかなズレが1字全体のバランスを欠く原因になる。速記した際に、電子インクの出方に遅れがないかも、書き心地を大きく左右する。「芯が紙に沈んでインクが出ることで感じられる、“書いている”という感触をいかに出すかが最重要課題だ。そのために、当社では全社の4分の1にあたる総勢250名を書き心地の研究に投じている。今後はもっと割いてもいい」(井出氏)。

電子ペンの強みは、なんといっても書いた情報がデジタル化されることにある。それにより、紙への筆記にはできない、瞬時の共有、検索、編集が容易になる。現在の2つの課題が改善されれば、教育やビジネスシーンでの利便性はより向上するだろう。

井手氏は、「当社の目指す究極のゴールは、ペンの発する信号や、芯に当たる部分の形状を標準化することで、コンビニで100円玉を出せば電子ペンが買えるようにすることだ」と豪語する。電子ペンが鉛筆の代替品になる日は果たして来るのだろうか。