画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーがラジオの新製品を3モデル発売します。それぞれ、現行の機種から機能の向上が図られており、より使いやすくなりました。個性的なソニー製ラジオのラインナップについて紹介していきましょう。

○どんな機能が向上した?

ラジオの新製品は「XDR-64TV」「XDR-56TV」「SRF-19」の3モデル。発売日はいずれも2月10日になる見込みです。

「XDR-64TV」は、ワンセグTV音声 / FMステレオ / AMラジオに対応した製品。胸ポケットにも収まる名刺サイズで、持ち運びに適しています。現行機種と比較して液晶画面のサイズが大きくなったほか、ワンセグの音声を聴取する際に必要だった外付けアンテナを本体に内蔵しています。

このほか「時計表示」と「めざましタイマー」に対応し、ストラップホールも備えています。単4形アルカリ乾電池×2本で駆動します。カラーはブラックのみで、店頭予想価格は17,000円前後(以下すべて税別)となっています。

一方で「XDR-56TV」は、ワンセグTV音声 / FMステレオ / AMラジオに対応した据え置きラジオです。現行モデルと比較してスピーカー径が66mmから80mmと大きくなり、音質が良くなっています。液晶画面のサイズアップで視認性も向上しました。

家庭用電源を使用するACアダプターを付属するほか、単3形アルカリ乾電池でもラジオ受信が可能。乾電池駆動で最大90時間のAM放送を楽しめます(ヘッドホン使用時)。カラーはブラック、ホワイトの2色を用意。推定市場価格は16,000円前後となっています。

「SRF-19」は、FMステレオ / AMラジオに対応したポータブルラジオ。ユーザーから要望が多かったという「ワイドFM」に新対応しています。単3形アルカリ乾電池でラジオ受信が可能なほか、別売りのACアダプターでも駆動できます。

カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色を用意。現行機種ではインパクトの強かったビビッドピンクが、新製品では可愛らしい色合いのソフトなピンクに変更となりました。推定市場価格は5,000円前後です。