山中伸弥教授が続投の意向を示す 不正を防止する体制づくりへ

ざっくり言うと

  • 山中伸弥教授が24日、京都大iPS細胞研究所の所長を続投する意向を示した
  • 部下の論文不正に触れ「私たちの信用が一夜にして失われてしまった」と謝罪
  • 「再発を防止する仕組みを作る必要がある」と体制づくりに取り組むとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング